FC2ブログ

漫画 まんがタイムきららCarat7月号 No.189

漫画
06 /05 2021
fc2blog_20210605084659c1c.jpg
〇RPG不動産 / 険持ちよ
さりげなくいるミニチュアのキャラたちも可愛いRPG不動産が表紙。今回は久しぶりの不動産業さんでしたが、変態度数の高いお客さんのわりにイージーなオーダーで良かったですね。元戦士のラキラが可愛さに拘ってるのがルフリアの為というのがいじましいなぁ。動く絵からヒントを得るというファンタジーらしい展開でファーの行方に手がかりが。アニメ化情報ともども次回も楽しみです。

〇あやしびと / GAGAGA
温泉回。妹と接触するようになってから会長の壊れ具合が凄い、良いキャラになりましたねぇ。雪女としての特性をこんな形で使うことになるとは笑。妖怪が人に変じた妖人がいるなら元になった妖怪がいるはずで今回初めて明確な害意を持って襲ってきましたが 会長の前で妹を襲うという竜の逆鱗にアッパーカットしてしまってこいつは…。「なるべく苦しむように殺してあげるわ」と殺意満々のお姉ちゃんの大立ち回りが楽しみ。
fc2blog_202106050847078ca.jpg

〇死神ドットコム / 優しい内臓
fc2blog_20210605084704774.jpg
家事手伝いとツッコミで忙しそうだったから忘れてたけどタマの稼いだお金で食べてる以上ヒモということになってしまうのか。タマのデフォがタバコ吸って酒飲んでる姿に固定されてるんだけど会社にはまだちゃんと行ってたんですね。闇の深そうなおっさん達との邂逅を経て家に戻ってみたら汚部屋を越えてごみ溜めになった部屋で酔い埋もれるというもはや才能ともいえるドン引きの自堕落ぶりでしたが掃除のやり方も忘れてしまったとは。カップ麺1個で機嫌を直すメルメルの表情、クズ男に引っかかって離れられなくなった子の笑顔だ…。
fc2blog_202106050847027a6.jpg
それで集まってくるのはヤバい奴だから!、ほら凄いのが集まってきちゃったじゃんという今号で一番笑った一幕。

〇またぞろ / 幌田
川遊びの水着回だと思った?残念、バンジージャンプでしたという引きこもりには刺激が強すぎな展開、係員さんの対応手慣れてるなぁ笑。まあ強引にでもこういう風に連れまわしてくれる友人っていうのは良いものですよね。高校の時に聖地巡礼が高じて旅行好きになったS君に白川郷に連れてってもらい修学旅行よりも楽しめたのは良い思い出ですが彼は元気にしているだろうか。ともかくも帰路で喜びを嚙みしめることちゃんにほっこりしていたらいきなりのホラー展開。さもいるのが当たり前な顔して現れるのが怖すぎる笑。
fc2blog_202106050847188a6.jpg

〇バッドガール / 肉丸
毎月恒例のコヒュッ!?頂きました。なにされても笑顔で受け止める先輩が実はただの変態じゃなくて凄い人なのでは、と思い始めてきましたがとっておきのお礼で首輪と犬耳が大量に出てきてあぁ…という感じ。優ちゃんのライン画面にさりげなくいた「すず風あね」の存在が気になる。
fc2blog_20210605084709925.jpg

〇みちくさステップ / 黒猫のそれ
ゲスト1話。帰りにみちくさを食ってついでにキイチゴを食べて自然の中をのんびり帰る、瞳の大きい可愛らしいキャラクターと柔らかい雰囲気が魅力な作品。出会いを通して逃避する→外に目を向けるという意識の変換も気持ち良かったですね。
fc2blog_20210605084722007.jpg

他 / 神奈川県立近代美術館葉山館

05 /31 2021
fc2blog_20210531190937651.jpg
夏以降の予定が詰まっていてシルバーウィークの消滅が今から確定しているので早めに有休消化。色々行きたいところはあるけどこのご時世なので大移動は控えて美術館に行って後はホテルで読書しよう、ということで葉山美術館に行ってきました。前にも来たことがあるけどそもそも行こうと思ったきっかけが展示物ではなく吉村弘氏が作曲した開館時に流れるBGM、Hayama Sound Logoを聴くためで陽の光が差す館内でミニマルな音のロゴを聴くというのもある意味ライブ的な体験、2回目ながらもやはり気持ち良かったです。

fc2blog_2021053119201582b.jpg
今回の展覧会は立体物が多めで美術教養の無い自分も純粋に楽しめましたがなかでも1964年の東京オリンピックの時に作られた向井良吉"勝利者の椅子"、座面の上に突起が敷かれて椅子としての機能が無い当時の熱狂を批判するかのような造形が強行開催に突き進む2021年の今見るとまた皮肉に感じてしまいますね。他にも木のうねりがダイナミックな最上壽之"トントンビョウシノアシビョウシ"等々質量に圧倒される造形物が多くてもう一度行きたいなと思えるくらい面白かったです。
fc2blog_20210531190418a71.jpg
でそしたらなんと吉村弘のToy Pianoが6月28日から展示されるということでまた行くことに決定。

美術館のあとはホテルで読書したりコーヒー飲みながらバルコニーで海を眺めてぼーっとしてたり。
fc2blog_20210531190412713.jpg
fc2blog_20210531192013960.jpg
fc2blog_202105311921174dc.jpg
fc2blog_20210531190415c4d.jpg
・三体
・海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと
・友達いらない同盟、暇人同盟

海辺の病院で彼女と話した幾つかのことは再読、同盟シリーズは再々々々々々読位(最低年に1回は読み返してる)になるけどこういう時くらいは未読本じゃなくて好きな本を読んでもいいよねということで。海辺の病院~はサナトリウム文学にして異能バトルにして復讐譚でもある謎の生物の襲来と奇病の蔓延で全てを失う代わりに力を得た少年達の戦いを描いた作品。主人公が何箱の解熱剤を嚙み砕いても冷めることのない復讐という夢に向かってひたすら突き進む熱情や川辺で同級生の体を拭う所の官能的な描写とか、触れると崩れそうなひりついた雰囲気も合いまって読後の"喪失感"込みで楽しめました。波音をバックに読書するには我ながら最高のチョイスでしたね。三体は1巻だけ買ってたけど3部作完結してからと思いようやく読み始め。始皇帝の人間コンピューターの所まで読んだけどだんだん面白くなってきた感じ。同盟シリーズは好きすぎて冷静に言語化できない、というか三体を途中まで読んで後は海岸を散歩したりだらだらしてたりで結局読まず仕舞い。まあのんびりする為に行ったし今年の後半で読み返せばいいか(謎のノルマ)ということで帰宅。いいリフレッシュになりました。次行くときは閉館BGM聴きたいなぁ。

読了 5/23~5/30

読了
05 /30 2021
fc2blog_20210529223413e00.jpg
fc2blog_2021052922340714d.jpg
fc2blog_20210529223402846.jpg
・晴れ晴れ日和
・悲しい曲の何が悲しいのか 音楽美学と心の哲学
・大砲とスタンプ5~6
・響け!ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌
・響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話

悲しい曲の何が悲しいのか 音楽美学と心の哲学。芸術作品に触れた時の美的判断、例えばある絵を見て美しいと感じたりある音楽を聴いて優美だと感じたりというのは主観的なものではなく正誤判断が可能な客観主義的なものだ、というのを起点にピーター・ギヴィーの「音楽はありふれた情動(悲しみも喜びも)を喚起しない」という考えを擁護して悲しい曲の何が悲しいのかについて考える内容。哲学教養ゼロで咀嚼しきれなかった部分はあったもののなんとか読了。音楽に限らずだけど芸術鑑賞には適切な知識と態度が必要なんだなということがよくわかりました。
本屋の音楽本フェアで偶然見つけなかったら多分手に取らなかったけどこういう普段読まないジャンル外の物に触れられるのも本屋に行く楽しみの一つですね。

晴れ晴れ日和。「寮長は料理上手」の吉村佳先生の新作!母親の再婚相手の連れ子は小学2年生。OLの千鶴とイケメン女子小学生るい、そして黒猫のひとつ屋根の下の生活を描く日常物。相手の怒りに寄り添うことができるルイちゃんの性格イケメンぶりに惚れ惚れ。女子グループから外れて行動しているくるみちゃんと軋轢のきっかけを話す5話の公園のシーン、ああいう重たい事情をくるみちゃんが吐露出来たのは相手がルイちゃんだったからなんだろうなあというのが伝わってきて黒猫への独り言も含めて1巻の中でも特に好きな話でした。
fc2blog_20210529223418afc.jpg
fc2blog_202105292234223f1.jpg

・大砲とスタンプ5~6。戦争だからもちろん民間人も軍人も死ぬときはあっさりと死ぬわけだけど、マルチナ達兵站軍のメイン戦場は前線ではなくオフィスや後方基地、ある種牧歌的な雰囲気すら漂っていてという所で6巻の最後、戦場の理不尽さがいよいよ表出して来ましたね。目の前で行われた民間人の虐殺(一応名目上は匪賊の討伐)、虐殺を指揮した中佐の「これが戦場だ!貴様がくれた銃弾だぞ、誇らしくせえッ!」というセリフが根っからの優良官僚タイプのマルチナがしっかり仕事をこなした結果の一つでもあるというのはきつかったでしょうね…。もちろんマルチナが黙っているわけなく帝国のラドワンスカ大佐からどう協力を取り付けて行動していくのか次巻が気になる所。毎話でてくる法螺兵器群のなかでは「鉄道魚雷ホジャおじさん」がヤケクソ感漂う民兵らしい兵器で凄かったですね笑
fc2blog_20210529223426c64.jpg

音楽 G-funk R.C. Funk / Single Life

音楽
05 /29 2021
fc2blog_20210529095934f7a.jpg
・1997年
・Produced by R.C. Funk, Rob "Rock" Price

Robert NicholsonとCorey Smithによるミルウォーキーのラップデュオ、R.C. Funkのデビューシングル。結局リリースされなかった彼らの1stアルバム"Brewtown"からの先行カットで、3曲で約20分というシングル皿だからこそできた長尺のチルでグルーヴィーなトラックを収録。ご機嫌なギターリフのループが気持ち良いトラックでCameoのSingle lifeをJamal Crawfordがまんま熱唱するTrack1"Single Life"、サンプル原曲のベースラインを取り入れて爽やかに仕上げたTrack2/Single Life Remix、バックで流れるMac MoanのギターとJamalの熱唱も相変わらず素晴らしい7分越えの哀愁トラックでじっくり聴かせるTrack3/All Night All Dayと3曲どれも珠玉の出来です。
あとまあなんといってもジャケが良い!青白緑の鮮やかなコントラスト、雲のかかったお屋敷、2人の後ろに置かれた車のナンバープレートにはタイトルのSingle・Life、いい塩梅で配置されたパーツが映えるG-funk特有のけばけばしさとは一線を置いたユニークなジャケで曲を聴きながらいつまでも眺めてられます。マイナーGの魅力が詰まった好盤。


漫画 まんがタイムきららMAX7月号 No.201

漫画
05 /25 2021
fc2blog_20210525221448a03.jpg
〇私を球場に連れてって! / 原作:スーパーまさら 作画:うみのとも
最終回&祝2回目の表紙!。前の表紙といい青と白の鮮やかなイメージカラーは映えますね。ひいきのチームの一勝一敗にはらはらして、泣いて笑って煽ってとタマたちの野球観戦も今回が9回裏最終回。弱小チームに奇跡は起きるのか、というとそうそう甘くはなく残念な結果でしたが現場に行って空気を共有して本気で応援するという楽しさが最後まで伝わってきて良かったです。惜敗して号泣するタマ達を容赦なく煽るファル子が相変らずというか活き活きしててこの子も最後までぶれなかったですね笑。野球が続く限り何年たってもまた4人で集まって球場に行くんだなあというラストで大円団、連載ありがとうございました。

〇瑠東さんには敵いません! / 相崎うたう
図書室の天使ことかなめの友人、文美ちゃん回。こんな美少女が満面の笑みで受付にいたら毎日でも借りに行きたくなりますね。文美ちゃんが何で本が好きなのかと聴かれてゲシュタルト崩壊しかけて結局"なんか漠然と好き"で落ち着く一連の流れが良くて、好きだし色々理由も挙げられるけど上手く固形の言葉にできなくてそれでもなんとなく好きっていうのはあるあるですね。お約束の本棚のはしご落下からお姫様抱っこ、パニクって図書室の本をお礼に差し出すという完璧なドジっ子ムーブで文美ちゃんの可愛さが堪能できました。
fc2blog_20210525221458dfb.jpg

〇桔花ちゃんは悪役令嬢になりたい! / 原作:相馬康平 作画:日下氏
自身のバイブル"悪役令嬢マリー"の声優さんトークショーにテンションマックスな桔花ちゃん。絃ちゃんの冷静なツッコミも耳を素通りして期待のハードルを上げまくってますが、まぁまだ小学生だし好きなものには盲目的になっちゃいますよね。トークショーでキャラと声優さんの乖離に打ちのめされるも流石プロ、一瞬で空気を読んで桔花ちゃんの夢を守りましたね。声優さんのキャラを全部盛ったフルアーマー桔花ちゃんは草。
fc2blog_202105252216475f6.jpg
断る理由がひどい笑、エンボス加工があればいけるかな。

〇ぬるめた / こむかも
アンドロイドに散髪は必要か?くるみのご満悦な表情を見るとこれも必要なんでしょうね。髪を伸ばしたいじゃなくて、散髪をされたいという願望が先に来ているのが興味と快がプライオリティにくる彼女らしい思考で面白かったです。無邪気に喜ぶくるみのうしろで桃色な空気を醸しているちあきとさきなは何なの?早く結婚してくださいという感じでごちそうさまでした。

〇六条さんのアトリビュート / セトユーキ
もし一度絵を描くのを辞めずにずっと続けていたらもっと上手くなっていたのだろうか。絵に限らずですが、時間をかけてやったという実績があるとそれだけで安心材料になるし逆に注いだ時間が少ないと不安を感じるのは誰しもあることですよね。ダヴィンチやルソーの雑学を交えて技術に囚われない作家固有の個性を語って遠回りにこのみを励ます六条さん。迂遠な雑学話から六条さんの照れ混じりな褒め言葉に押され、自分の絵を飾って2人で眺める光景が沁みました。
fc2blog_20210525221453c41.jpg

コタン

19年12月15日開始