FC2ブログ

読了 7/19~7/25 2021

読了
07 /25 2021
fc2blog_20210725212455a13.jpg
4回目の鑑賞。立川シネマシティの極上音響上映が大分席が埋まっていたので初めて昭島の方まで足を延ばしてみました。Movix昭島はライブ音響上映ということで大型スピーカーがスクリーンの左右と中央に配置されていて上映が始まるとセリフの一音一音が明瞭に聞こえてきて音楽も厚みを持って響いて流石ライブ用の機材だなと思いました。波音、風音等の環境音の響きもばっちりでエカルテ島のシークエンスでは本当にその場にいるかのような臨場感でした。ただあくまでライブ用の機材なので音響のプロが監修している立川の方と比べると音域のバランスや繊細さでは譲る所があるかなという感じも。戦争シーンやアクションシーンはあって砲撃音の迫力も凄かったですがこの映画はそこが主眼なわけじゃないので次回機会があればガルパンとかバーフバリとか音はデカければデカい方が良い的なアクション映画を観てみたいです。
fc2blog_20210725212457bc1.jpg
せっかく松竹系の映画館に来たんだから忘れないうちに特典付のムビチケを買っておこうということでARIA The BENEDIZIONEのムビチケを購入。オレンジプラネットのThe CREPUSCOLOの後、薔薇を差し出す晃さんが相変らずイケメンすぎるまさかの姫屋メインの新作告知がきて本当に嬉しかったなぁ。今冬公開でまだまだ先ですが8月にBDが出るThe CREPUSCOLOを観ながら楽しみに待ちたいです。

fc2blog_20210725213022fff.jpg
・負けヒロインが多すぎる!
・きみは本当に僕の天使なのか
負けヒロインが多すぎる!。発売前から公式ツイッターのフォロワーが万を越えたりレーベルが力を入れてプロモーションしていて期待値を上げて購入しましたがラブコメ好きは満足なヒロインの魅力光る1冊でした。表紙の4連リボンから勝手にこういうぶっ飛んだ服を着てる残念ヒロインなのかと思ったら4連リボンがまさかの公式制服で先輩も平然と着こなしているのでそういう世界だと納得してひとまずツッコミを封印。イギリス帰りの転校生に幼馴染を搔っ攫われた負けヒロイン八奈見杏奈を中心に、戦う前から敗北してしまった少女たちが敗北を振り切って1歩前に進むための物語。八奈見の敗北シーンを偶然見てしまった文芸部の主人公との借金と弁当で縁がつながった2人のさばさばした会話も面白かったし、ヒロインの食い意地の汚さがリアルに残念な感じでそこも楽しめました。涙やら汗やら色々駄々洩れのいみぎむる先生のイラストも良かったです。
きみは本当に僕の天使なのか。「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」のしめさば先生の新作。「アイドル」とオフの時の私人を完全に切り離して考えられる主人公優羽が良かった。推しアイドルが一方的に押しかけてきて面倒ごとに巻き込んでタバコを吸ってジャックダニエルを吐くまで飲んでもそれはアイドルではなくオフの、1人の人間の姿であって優羽にとっては関係なく、何より重要だったのはステージの上のアイドルが見せる夢を全力で信じることだったんだなという彼の拗らせながらもピュアな信条がアイドルオタクというよりかは敬虔な信者という感じでした。アイドル業界全体を黒幕的な1人の人間が仕切ってるとか、大分強引な解決方法とかちらほら気になる所はあれど主人公のアイドル観、やたらタバコを吸う姿が絵になる完全無欠のアイドル瀬在麗の魅力が光る1冊でした。

漫画 まんがタイムきららMAX9月号 No.203

未分類
07 /25 2021
fc2blog_20210725081632caa.jpg
アニメのOPを先取りしてきららジャンプをするぼっち・ざ・ろっく!が表紙。入道雲をバックにフェスが始まりましたが結束バンドは選出叶わなかったようで観客参加。野外フェスの人込み、モッシュ、酷暑はひとりちゃんやリョウ先輩には厳しい戦場でしたね。そしてキタちゃんは相変らず強いな笑。見知った相手がステージの上にいるのを見てもしあそこにいたのが自分達だったらと悔しさがこみ上げてきた中で見えてきた次のチャンス、オーディションを通してバンド名通り実力も絆も強くなった結束バンドのネクストステージ始動回でした。

桔花ちゃんは悪役令嬢になりたい。 / 原作:相馬康平 作画:日下氏
初夏らしく海回というか海に行くまでがメインの回。電車で二組に分断され「友達の友達」と過ごす微妙な時間、絃ちゃんも委員長もツッコミだからアクションを起こしてくれる人がいないときつかったか。オチの2人の表情でどんな感じだったのか想像は付きますね笑。対して桔香ちゃんと繋の主従チームは下僕の体を張った献身で和気藹々、主の「はしゃぎすぎて体壊さないでよ」はフラグでしたね。

オウルデイズ / ゆーま&てまき
ポンコツ忍者とお嬢様の主従コメディ「うちのニンジャが役に立たない」も面白かったゆーま&てまき先生の新作ゲスト1話。人里離れた奥地にある人鳥が集う学園、冒頭見る限りでは人+鳥の新種族ではなく鳥が人に近い姿に変化してるということでしょうか。ともかくも偶然入学できた鳥好き"人間"の蛍にとってはパラダイスだった様で確かに図書室で出会った人鳥の先輩チカは羽の模様や羽角、しっぽと鳥っぽさを残しつつも人型に寄った可愛らしさ。感情の起伏で羽角がピクピク動くのも愛らしいですね。
fc2blog_202107250816454ba.jpg

コンビニ夜勤の悪魔ちゃん / なじみ
オオサカってこんな恐い所なのとアルール様と一緒に背筋を冷やしたなじみ先生の新作、ゲスト1話目。魔王復活の為人間の「陰エナジー」を集めるべく人間界に来たものの力尽きたちびっこ悪魔が辿り着いたのは深夜のコンビニバイト。世知辛くも健気に頑張るアルール様が可愛ゆし。前作「しょうこセンセイ!」と同じく舞台が違えどちんまりとしたキャラの癒し成分多めな作品で楽しめました。
上級種族、光野先輩ともども理不尽なオオサカ人に負けずに頑張って欲しい。
fc2blog_202107250816384f5.jpg

ホレンテ島の魔法使い / 谷津
田舎旅情香る単線電車に乗って温泉旅館に出発。鉄道唱歌っていうのはこれか。

fc2blog_20210725081953725.jpg
電車がホレンテ島にとっては文明開化の象徴だったと先生が言ってましたが、ユシャ達が魔法発動の工程をマクロ組してショートカットできないかという考えは魔法の残滓が残りつつも科学の世界で育ってきた彼女達らしい視点で面白かったです。温泉に行くからといってつかる側ではなかった次回は労働回、世知辛い笑。

他 整理 息抜き 20210724

07 /24 2021
平成に生まれて良かったなと思うことはアルコール・リテラシーが社会に浸透した状態で20歳を迎えられたことで、大学のサークルでも最初の会社でもアルコールを無理強いされることはなく、そして今の会社ではコロナで飲み会そのものが消滅した為、居酒屋さんの苦境には心を痛めつつも飲めない人間にとっては住みよい社会になったなぁと思う昨今。
アルコールを強いられなくても飲み会が苦痛だったことには変わりなく、烏龍茶を飲みながらニコニコと魔法のさしすせそ「流石です!、知らなかったです!、凄いです!、全然知らなかったです!(2回目)、そうなんですね!」を唱える時間のなんと空疎な事か。(乏しい経験からセンス良いですね!は皮肉とも取られかねない危険ワードであることが分かり封印)。自身はコップ半分のビールで真っ赤になるくらい弱い体質なので家で飲むこともなくアルコールとは無縁な生活でしたが、連休3日目夜の今、恐らく数年ぶりのアルコールによる酩酊状態でゆらゆらしてます。
fc2blog_20210724210231072.jpg
ローソンで艦これコラボの由良のみかんサワーが1本だけ残っていて今までのコラボでもお酒類はスルーしていましたが、由良の初夏の装いに当てられて気付いたらコラボクリアファイルと一緒にカゴに入れてしまった次第。由良は艦これを始めて3日目くらいの補給のセリフ「そうそう、火力を強化してね。ねっ!」の連撃セリフで打ち抜かれて以来、せっせと演習に参加させて最初に設計図を使って改二、そしてケッコンした思い入れのある娘。先制雷撃可、水戦積んで制空も取れるという初期の頃はもちろん今でも弊鎮守府を支えるなくてはならない存在でこれからも頼りにしてます。3分の1飲み終えた所ですでに心臓の鼓動が早くなってますが由良を秘書艦に初夏ボイスを聴きながら自分のペースでゆっくり飲む分にはたまのお酒も悪くないですね。


3~4年のスパンで家の物をどんどん減らしていきたいと目標を立てているものの、平日はそれどころじゃなく整理が進んでいなかったので連休中に着手することに。昨日は車で古い寝具やら小型家電やらを収集場に持っていき、今日は90年代~2000年代のヒップホップCD(レア盤ではなくクラシックな定盤でしかもCDなので売値は期待薄)を車に積んで北浦和のディスクユニオンに持ち込み。レコードは別としてCD媒体ではお気に入りのG-funk作品を手元に残して置ければいいかなということで音楽棚のスリム化を進めていく予定。今はもっぱらG-funkとアンビエントばかり聴くようになりましたが、中学生の時、背伸びをしつつ最初に能動的に聴こうと思って買ったのはATCQとかGuruのJazzmatazzとかその辺だったので車に積み込みながらジャケを眺めて懐かしい気分になりましたね。

最初の予定では北浦和のユニオンに持ち込んで、査定の間は埼玉近現代美術館に寄って時間を潰そうと考えていたものの査定に1週間位かかると言われて(物量的に当たり前だった)振り込み対応にしてもらってそのまま美術館に。
fc2blog_20210724220641c1e.jpg
Beuys+Palermo展。ドイツ人の芸術家、教育者のヨーゼフ・ボイスとその弟子パレルモの作品展でドローイングや彫刻、布絵画、金属絵画、映像等様々な作品をテーマごとに見ることができて楽しかったです。ボイスは第二次大戦に参加していて戦争中重傷を負った際に現地のタタール人に治療を受けてその時に使われたのが脂肪とフェルトで、ボイスの作品でも脂肪やフェルトが使われている作品を多く観れましたがとりわけフェルトを使った作品は現物で見ると灰色のもこっとした質感が味わい深くて「フェルトスーツ」や「フェルトの名刺」、「Ja Ja Ja Ja, Ne Ne Ne Ne」(オーディオテープを四角いフェルトで囲った作品)は見ていて楽しかったです。パレルモの作品は布絵画の鮮やかな緑と青が印象的だった「無題」(布絵画:緑/青)やアルミニウムに載った色彩が流れるように目に映る「無題」(アクリル、アルミニウム)が色の質感が立体的に迫ってくる感じでこちらも暫く見惚れてしまいました。最後の展示コーナー「エピローグ 声と息」で不審なおじさんの鼻歌がずっと会場の外から反響して聴こえてきて外に不審者がいるのかと思い恐る恐る会場を出たらなんとプレーヤーが置いてあり「Ja Ja Ja Ja,Nee Nee Nee Nee」という作品だったと判明。不審者と勘違いして申し訳なかった。

ちゃんとブックレットを読み込んで理解した上でもう一度見に行けたらいいな。そもそも美術の知識が全くないので中高生向けの簡単な美術の教科書でも買って通史と最低限の基礎知識位は入れておきたいなぁ。少なくとも会社の勉強よりかはモチベーションが上がるはずだし。

他 息抜き 20210722

07 /22 2021
fc2blog_20210722223757ed6.jpg
「映画大好きポンポさん」のコラボ上映、こういう機会でもないと昔の映画なんて中々観ようと思わないので足を運んでみましたがこれは映画館で見ることが出来て良かった作品でした。スクリーンに広がるニューヨークの煌びやかで猥雑なネオン街、体を心地よく揺らす低音と艶やかなサックスの音色、昼食後だったこともあり前半部分は半分うとうとしながらも心地よく鑑賞。後半は鬱屈した感情を溜め込みながら計画の為に武器を買い準備を進めるトラヴィスの狂気と稚気が印象的で何かをやりたいけどその何かが分からず社会に怒りを燃やすトラヴィスにはジーン君も大いに共感するところがあったんだろうなと思いました。

その後はオリオン書房ノルテ店で京都アニメーションのミニ原画展があったので寄り道。撮影アップも可とのことだったので目に焼き付けた後にせっかくなので記念撮影。
fc2blog_20210722223630f3a.jpg
7話、水面に浮かぶ木の葉の上に立つ一瞬の美しさが今でも胸を打つヴァイオレットのカット。
fc2blog_2021072222364098c.jpg
後ろ髪の美しさに見惚れてしまう。
fc2blog_20210722223645b97.jpg
fc2blog_2021072222365267e.jpg
OPだと一瞬で流れるけど、まじまじ見つめていると目が離せなくなるトールツリー。

fc2blog_20210722224141ece.jpg
・読了 主人公にはなれない僕らの妥協から始める恋人生活
親友の幼馴染に叶わない恋を募らせる妥協主義の主人公朝井秀侑、図書委員の同輩で友達を作らない孤高主義の楠木乃菜、2人の妥協と利害関係から始まる恋人生活。恋人になったものの何をやっていいのか分からずお互い相手がメッセージを送るのを待ってて1週間経ったかと思えば、いざラインでやり取りを始めると明け方3時まで延々とメッセージを送りあったりと手探り恋人生活の描写は甘々で良き哉。実際にラインの画面を行間に挿入してやり取りを見せてくれるラノベらしい構成も面白くてページを繰る速度が漫画並みになって生のやり取りを見てるかのようなライブ感が出て良かったです。デートに謎のプリントTシャツを着てくるファッションセンス、極度の勉強嫌いといったアクの強さと可愛さが同居したヒロインの乃菜も魅力的でその特徴もキャラ付けではなく何でそうなったのかが描かれていてめんどくさい部分も含めて凄く好きになりました。妥協というと悪いイメージがあるけど諦める為ではなく折り合いをつけて幸せになる為の手段として主人公が堂々と妥協してヒロインに臨む終盤は彼の矜持が感じられて良かったです。作者あとがきによると続刊がでるかは五分五分らしく続きが出る程度には売れてほしいな。

読了 7/11~7/18 2021

読了
07 /18 2021
fc2blog_202107182131566d6.jpg
fc2blog_20210718213512cbe.jpg
fc2blog_202107182132028e9.jpg
・日本SFの臨界点 新庄カズマ 月を買った御婦人
・お隣の天子様にいつの間にか駄目にされていた件5
・メイカさんは押し殺せない4(1~3巻再読)
・ふかふかダンジョン攻略記5(1~4巻再読)
・木曜日のフルット9
・先輩、ちょっといいですか?1

日本SFの臨界点 新庄カズマ 月を買った御婦人。ラノベから歴史物までジャンルの枠を超えて活動する著書らしく、百合SFを先取りしたかのような女学院を舞台に遺伝子デザイン技術が発達した社会を描いた「アンジークレーマーにさよならを」や、政党から知名度だけを買われて選挙の推薦をもらったオペラ歌手の演説の途中、スマートグラス越しに突如届いた愛娘への謎の脅迫からの意外なオチ、そして政策のベーシックインカムについてSFらしい着眼点が面白い「議論の余地はございますでしょうか」等々、既読物含めてどれも楽しめました。SFではないけど死刑囚のシリアルキラーと女学生の手紙による交歓と最後まで読んでタイトルに納得の「ジェラルド・L・エアーズ 最後の犯行」も良かったです。編者による超詳細な解説やセレクトも含めて素晴らしい傑作選でした。絶版になってる「15×24」はハヤカワで極厚の上下巻文庫にして新装版出してくれたら1冊1500円位でも買うんだけどな。
お隣の天子様にいつの間にか駄目にされていた5。付き合ってるのを隠す必要がなくなりタガが外れた2人の教室を焼野原にするかのようなイチャイチャぶりに読んでるこっちも悶える。純度、糖度共にシリーズ最高峰で大満足。表紙や水着イラスト、挿絵どれも素晴らしくてコメント通り表紙をよく見てみたら確かに天使の羽が!
先輩、ちょっといいですか?1。今週のMVP。「分からない事があったらなんでも聞いていいからね」「今お前なんでもって言ったよな」ということで超箱入りお嬢様の後輩に根掘り葉掘り聞かれまくるラブコメディ。
fc2blog_20210718213204451.jpg
1話目の質問からして爆笑してしまいましたが、言葉を覚えたての幼稚園児みたいにとにかく質問してくる後輩ちゃんが可愛い。質問というコミュニケーションをラブコメ方面に特化させるとこんなに威力があるなんて。
ふかふかダンジョン攻略記5。普通の厚みなのに読み終えるのに2倍の時間がかかる作者の武器コラムも面白い待望の5巻。圧倒的な個の力で「城壁都市」を苦しめるレッドキャップのエリート戦士白面金毛とバーサーカー戦士として開花したジャンのバトルが熱い。基本半端な現代知識なんて通用しないハードな世界ですが技術云々ではなく漫画で読んだうろ覚えの知識で文字通りマウント取ってボコりまくるというのが面白かったです。「モンスター側も主人公」という作者の通り本気で人間を滅亡させる気満々の人間とモンスターのガチバトルの行方が楽しみ。

今週の嬉しいニュース、7月29日にsonmi451の新作が出る!ということでフランスのlaapsからリリース予定のCD、LP両方即予約しました。届くのはかなり後になりそうですがデジタル音源は29日にリリースなので7月29日までは絶対に死ねない!(何かのフラグが立つ音)。もし無人島にアルバム1枚持っていくなら?もし残りの人生で1枚しかアルバムを聴けないなら?と質問されたら1秒でsonmi451のStar Atlasと即答できる1番好きなアーティストの新譜、しかも今回はデジタルとCDが中心だったリリースの中でLPリリースということで俄然楽しみ。半分はすでに公開されてますがStar AtlasのBetelgeuse を彷彿とさせるTrack10/Lost In A Nebula Near Yridiaの夜空に吸い込まれるような静謐なアンビエンスサウンドでもう名盤であることを確信しています。

来週は放置しているFGOの6章後編をがっつりやる予定、楽しみ!

コタン

19年12月15日開始