fc2ブログ

読了 10/4~10/10 2021

読了
10 /10 2021
fc2blog_20211010205511af9.jpg
fc2blog_20211010205508054.jpg
・ドキドキ文芸部プラス
・現実でラブコメできないとだれが決めた?4
・死物語上・下
 ※再読/スローループ1~4
ドキドキ文芸部プラス。一時色んな所で話題になって気になっていたサイコホラーゲーム。アメリカのゲームクリエイターDan Salvato氏のデベロッパーTeam Salvatoが2017年にsteamでフリー公開したノベルゲームのswitch版。友情と文芸の物語、恐怖と衝撃の展開等々のネタバレに配慮したふわっとした情報と見た目は完全にジャパンメイドな美少女ノベルゲーム風のパケに惹かれて購入。多分ヒロインがヤンデレとかそういうレベルでしょと学祭のお化け屋敷に入る感覚で扉を開けたらグランヴァカンスの“数値海岸”だったという衝撃で本当に心臓のドキドキが止まらなかったです。ゲームの開始前に不安症やうつ病に苦しんでいる方はこのゲームをプレイするべきではないかもしれません、という警告がでるのは伊達ではなかった。日本のというか商業メーカーでは思いついても出来ないであろう趣向を凝らした演出の数々はノベルゲームとしては最高の出来と言っても過言ではなく間違いなくこのゲームでしかできない体験でした。ゲームのヒロインと1時間(本当に現実の時間で1時間経っていた!)見つめあうというのは多分もう後にも先にもないだろうなというこのゲームを象徴する教室でのイベント、あれは網膜にエメラルドグリーンが焼き付いた本当に特別な時間でした。Just Monika.
現実でラブコメできないとだれが決めた?4。物語のヒロインにして最強のラスボス、清里さんの中学時代が描かれるジョーカー誕生編。みんなが笑える世界を作るという理想とそれを実現できる力を持っていた彼女の圧倒的な正しさに彼女自身も周囲も耐え切れずに青春小説のように輝いていた学校生活が崩壊していくカタストロフィは圧巻でした。清里さんにとって耕平は失敗した過去の自分なわけで彼女が先手先手で布石を打てたのも当然だったんだな。あとがきでは強制負けイベントと書かれてましたが現状勝ち目無しの状況で耕平がどうするのか、そしてエピローグの新ヒロイン?がどう関わってくるのか次巻も楽しみです。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始