fc2ブログ

読了 8/29~9/5 2021

読了
09 /05 2021
金曜日にモデルナの2回目を打って軽い発熱と物凄い倦怠感で土曜日はダウン。バファリンと冷えピタで耐え忍んで引き籠ってゲーム三昧な週末でした。

fc2blog_20210905220759ef0.jpg
〇No More Heroes 3
クリア。全米殺し屋ランキングの個性的なランカー達とのボスバトルが魅力のシリーズ最新作、今回の敵は破滅王FU率いる宇宙人犯罪者たちでメカメカしいアメコミチックなボスキャラたちの姿に初見時はあまり魅力を感じず一抹の不安を感じたけど戦いの前に入るFUとのささやかな交友/タピオカドリンクを一緒に飲んだり焚き火を囲って話したり必勝祈願でとんかつを食べに行ったり/が良い味付けになっていて戦ってみればどの宇宙人も面白い奴でした。
fc2blog_2021090520163025e.jpg
fc2blog_202109052016281e5.jpg
※主人公との決戦を前にとんかつでゲン担ぎするFUとスナイピング・リー

ギミック多めのボスバトルも面白かったけど、今作の白眉はランカー7位のヴェルベット・チェアガール戦でしょう。宇宙椅子取りゲーム界の頂点に立つというキャラ紹介を見てフレーバーテキスト位に考えてたけど須田ゲーを甘く見てましたね。AC部によるカオスな登場シーン、そして唐突に始まるガチの椅子取りゲーム。音楽に合わせて外周をグルグル回りながらタイミングよくボタンを押して音楽が終わったら椅子にダッシュ、座れなかったら謎のタコ生物により抹殺されるという死亡遊戯が始まって何事かと思いました。
fc2blog_202109052030028df.jpg
fc2blog_20210905203004ac4.jpg
fc2blog_20210905203003626.jpg
※負けると即死なので本気で挑まなきゃいけない椅子取りゲーム、いま何のゲームやってるんだっけと思いながら必死でタイミングよくボタンを押すも買ったばかりのswitchのボタン位置に即反応できず割と死にました。ちなみにオチ込みでシリーズ通しても屈指の笑撃でした。

ランカー5位のミドリカワミドリ戦も面白かったですね。ホラーテイストで夜の学校探索も雰囲気が出てたし、日本の特撮オタク以外は置いてきぼりになるであろう場所で始まるボスバトルも楽しかったです。シルバー事件のオマージュが出たり懐かしのあの音楽が流れるのも嬉しかったり。結局暗黒地獄姫とは何だったのかとかカムイ君の言う通り良くわからなかったですが(このゲームに"わかる"を求めちゃいけないけど)キャラの造形含めてお気に入りです。
fc2blog_202109052036430c2.jpg
fc2blog_2021090520364507c.jpg
fc2blog_202109052036442ac.jpg
両腕の気持ち悪い怪生物から繰り出す炎が採石場を燃やすボスバトル、空気を読んで解放したフルアーマートラヴィスの派手な戦闘も相まって楽しい戦闘でした。

シリーズ伝統のトイレセーブももちろん健在で今回は野外でセーブしようと思ったら公衆便所を見つけて〇ソの詰まった便器を綺麗にしてセーブポイントを解放するという進化を遂げていて新しいエリアに行ったらまずトイレを探すというお腹の緩い観光客みたいなことをしてました笑。
fc2blog_20210905210203126.jpg
fc2blog_20210905210206ff5.jpg
モデルナ2回目の発熱で意識が朦朧としていた中で、初めて行ったエリア/コールオブワールドでトイレが見つからず寝るに寝られず彷徨った末にトイレを見つけた時は本当に安心しましたね。ゲームの中でトイレを見つけてこんなに嬉しくなる日が来るとは笑。
fc2blog_20210905210205ff3.jpg

ストーリーや演出はワルノリと小ネタ(セリフ全部の元ネタを解説しようとしたら100ページ越えの本になる)満載でシリーズ中でもバカゲー成分多めな印象でした。ボスバトル=アニメ1話分みたいな位置づけでOPとアニメ風のEDが入ったりとか、ATMに入金した時のポーズとかジングルや音楽/寿司屋のITADAKIMASUとかとにかく尖った演出によるプレイ中独特のドライブ感は無二の魅力でした。
fc2blog_20210905212123a86.jpg
恒例のボスバトル前の登録料金振り込み。指定試合とアルバイトが完了していよいよボスバトルな喜びを体現してくれるトラヴィス。
fc2blog_202109052123261cc.jpg
中ボス的なヒットポイントゲージがある固めの雑魚敵が出てきて戦闘の難易度が上がった3では補助アイテムの寿司で攻略がかなり楽になりました。テイクアウトで戦闘を補助できたりイートインで戦闘前にバフを盛ったりとボス前は寿司で腹ごしらえしてからというのがいつもの流れでした。

考えるな、感じろというストーリーは間違えても理屈や整合性を求めてはいけない120%の須田ゲーなのでもうそういうものだと割り切って楽しむのが吉。このシリーズの華であるランカー戦のほぼ半分が番狂わせなのと唐突な退場が多かったのは少し残念でした、まあその代わり次に何が起きるか分からないドキドキはありましたが。シリーズ通してプレイ済で須田さんのゲームが好きな自分にとってはNo More Heroesの世界で再びビームカタナを振り回せただけで楽しかったのでゲーム体験としては上々でした、個人的にはヴェルベット・チェアガール戦でゲーム1本分払う価値はあったくらい笑わせてもらったので大満足です。

fc2blog_2021090521212423b.jpg
twitterでトラヴィスは40歳、シノブは31歳、バッドガールは34歳というコメントを見て時の流れを感じたけど年を喰ったままに古のオタクトーク(主に三池映画への偏愛)をカウチソファーで楽しそうに語るトラヴィス達の幕間は良かったなぁ。シノブはバルバトス推しなのかと思ったら理由がシノブらしくて納得、機動武闘伝も好きそう。一応シリーズラスト作ならシノブとバッドガールの活躍ももっと見たかったな。
fc2blog_202109052154413cf.jpg

音楽は例の椅子取りゲームやら寿司屋で流れるITADAKIMASU、メインテーマのアレンジ等気に入った曲が多いのでサントラが出てくれるのを祈るばかり。凝ったジングルやEDテーマのプラハの夜も収録して欲しいな。

fc2blog_2021090522365349d.jpg
fc2blog_20210905223656cc7.jpg
・魔弾の王と凍漣の雪姫9
・魔弾の王と聖泉の双紋剣6
・レスト―婦人
・〆切前には百合が捗る
魔弾の王と凍漣の雪姫9~。ガヌロンが本懐を遂げたこちらの歴史ではブリューヌの健国王シャルルがファーロン王の体を乗っ取り復活、国盗りを宣言したシャルルとガヌロンを討つべくティグルとザイアンがそれぞれ軍を率いて戦いが始まる9巻。飛竜に乗っているとはいえ戦闘力は恐らく並兵士以下のザイアン君はよくここまで生き残れたなぁ。戦う相手が復活した300年前の健国王とか飛竜のアドバンテージが活きない難敵ばかりで不憫。飛竜に少しずつ乗りこなせるようになりつつメイドのアルエットに操縦されてる感のある2人の主従関係が面白かったです。
魔弾の王と聖泉の双紋剣6~。200p弱の第二部への繋ぎ的な短編集。顔見せとなる初代魔弾の王と戦姫オルガ、第二部の舞台になる南国のカル=ハダシュト出身の商人エリッサ、出自の全く異なる3人が偶然出会って短い旅を共にする/エリッサ商会、円卓の騎士サーシャの戦いのその後を描くエピローグ/最後の円卓の騎士の2本立て。隠遁したコーンウォールの村での穏やかな生活と村を襲う危機、サーシャが得た2度目の生での戦いは最後まで誰かを守る為にあったんだなという命の残滓を絞って剣を振るう苛烈な姿と屋敷を開放して子供たちに学問を教えながら村で穏やかに最後の時を過ごす姿にこっちの歴史では彼女が思う通りの人生を送れてよかったなと思えるエピローグでした。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始