FC2ブログ

他 息抜き 20210717

07 /17 2021
fc2blog_202107180917499ce.jpg
・東京都美術館「イサム・ノグチ 発見の道」
先週行った神奈川県立近代美術館の正面広場にあるイサム・ノグチの「こけし」、柔らかい表情の愛嬌ある男女ペアの像が目に残っていてまたその時の展覧会"空間の中のフォルム"展で同氏の「広島原爆慰霊碑のためのマケット」を見ていたこともあり今週は折しも丁度よく開催されていた東京都美術館の「イサム・ノグチ 発見の道」展に行くことに。
今回はサカナクションの山口一郎がイサム・ノグチをイメージしたセレクト音源を聴きながら鑑賞するというサウンドツアーが面白そうだったのでゲートで再生機をレンタルして鑑賞しましたがこれが意外な形で凄く役に立ちました。というのも展示物が彫刻・インスタレーションが中心で半数以上の作品が撮影可能だったこともありみんながみんなスマホのカメラで写真を撮りまくる笑、常に誰かしらのシャッター音がパシャパシャと響いていたので合法的にイヤホンの音楽で雑音をシャットアウトできて快適に鑑賞できました。
プロが考えてセレクトしただけあり例えば"1章彫刻の宇宙"でテンやハネといった書道の躍動感が立体的に迫ってくる「書の流れ」を尺八の音色を聴きながら眺めたり、インスタレーション「あかり」の所で150の提灯による温かい光に包まれながら聴くオーケストラで光と音両方で気持ち良くなったりと鑑賞を邪魔するのではなく想像力を後押しして、より楽しく観れるようにしてれる良い企画でした。展示室の繋ぎでは彫刻に使われる岩石の紹介があって「こけし」が万成岩を使ってるとか色々面白いコラムが実物の岩石と一緒に展示されていてこちらも面白かったです。
メモ
"1章彫刻の宇宙"気に入った作品/書の流れ、通霊の石、黒い太陽、ヴォイド、下方へ引く力、発見の道
"2章かろみの世界"気に入った作品/プレイスカルプチュア、リス、2=1、雨の山(鋼板についた模様が雨に濡れる山肌みたい)、チャイニーズ・スリーヴ(ステンレスの板が優美な中国服に見える!)、ジャコメッティの影(先週神奈川で見たアルベルト・ジャコメッティの裸婦小立像を思い出す、研ぎ澄まされた細いフォルム)、びっくり箱、座禅
"3章石の庭"気に入った作品/カエリ、ねじれた柱、フロアーロック、無題-1986年no.92、無題-1986年no.89(見た瞬間メロンパン…と思って眺めていたら後ろから来た人たちもこれメロンパンだと言ってて面白かった)

fc2blog_20210718091746869.jpg
・映画 龍とそばかすの姫
キーになる人物を見つける過程が雑だったり結局「U」の世界がサマーウォーズの頃とあまり変わってなくて何なのかイマイチ伝わらなかったり(twitter+ラインをMMOでやる感じ?)、枝葉の部分は気になるもののヒロインの歌唱力の高さと豪華な演出でミュージカル、ライブシーンは流石のクオリティでした。親子連れ家族、カップルで観るには重めな題材だったのか上映後は微妙な雰囲気でしたが痛みを伴う少女の成長がしっかりと描かれていて「U」の世界と現実世界、それぞれのクライマックスで描かれる捨て身の歌唱だったり相手を見つめる瞳の強さだったり良いシーンもたくさんあって個人的には満足。ヒロインの親友兼毒舌プロデューサー、ヒロちゃんがドライなようでいて乙女な部分もあったりで可愛かった。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始