FC2ブログ

読了 6/28~7/4 2021

読了
07 /04 2021
fc2blog_20210704214009c9c.jpg
・響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2楽章 前編
・響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話
・クラウド・コレクター

響け!ユーフォニアム。映画では1エピソードで触れられていたけど、奏者ではなくマネージャーに転向した加部ちゃん先輩が陰になり日向になりここまで部を支えていたとは。植物園での演奏会のリハーサル、ただ一人の観客として誇らしく演奏を聴く加部ちゃん先輩が眩しい。大会後も引退まで残された期間で技術を伝えて来年の大会に繋げていこうとする3年生たちや、それに応えて奮起する後輩たちの姿、同じメンバーで過ごせる1年を噛みしめるように一つの演奏に向けてまとまっていく吹奏楽部員の熱が伝わってくる2年生編でした。あと黄前相談所は前フリというか、優子部長達も自分たちの後の体制を早々と見据えていたんだなぁということで久美子、秀一、麗奈の3人体制で始動する3年生編も楽しみ。短編集ホントの話では「飛び立つ君の背を見上げる」の優子から夏希への手紙で悶絶。文中でも恥ずかしくて死にそうと書く位にてらいのない優子の言葉を夏紀はどんな顔で読んでいたんでしょうね。のぞみぞ同じくこの2人に焦点を絞っても映画が1本作れるくらいに濃密な関係が素晴らしく良かったです。
クラウド・コレクター。本屋さんの旅フェアで面白そうだったので購入。祖父、傅次郎による架空の国アゾットの法螺旅行記。21のエリアに分かれて綴られる幻想的な冒険譚はどれも面白く特に映画のことを観光旅行(暗黒に座って光を眺めるから)と称して巨大な観光館(映画館)なる施設で映画を観る第10エリアには行ってみたいなぁと思ったり。海の中に記憶があるというイメージのSF小説がありましたが、おなじように演奏される音楽の中に全人類的な記憶があるとして旅をしながら世界を調律する楽団員たちや哲学サーカスなる奇怪な出し物、奇妙ながらも幻想的で美しいモチーフが印象的な旅行記でした。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始