FC2ブログ

音楽 G-funk Rodney D / A Moment of Silence

音楽
06 /07 2021
fc2blog_20210607213745c50.jpg
・1995年
・Produced by Rodeny D, Linny Nance, Big Ant, Ked Johnson

テキサスのラッパー、Rodney Dの92年のデビューEPを経ての1stアルバム。自身を中心としたPhata $aks Productionによる冷暗なメロウトラックが憂鬱な6月の湿気を散らしてくれるお気に入りの1枚。内ジャケにはアルバムと同タイトルの”A Mometnt of Silence”という収録曲名をちりばめた詩というかコメントが載っていて彼なりの死生観やゲトーで繰り返される悲劇のループへの嘆きが綴られていてこういうお皿こそ全訳付きの国内盤で聴きたいなぁと思ったり。

楽曲ではやはり大ネタBetween The Sheets使いのTrack6/Can I Come Insideが珠玉のキラートラック、ナイスなイントロと1フレーズ印象的なメロディを足した技ありのループが気持ち良い同ネタ使いの中でも白眉の名曲です、他にもMike Gallaherによる切ないギターも沁みるクールな哀愁ファンクTrack5/No Love In The Ghetto、全曲のアレンジを担ったサウンド面のキーマンであるLinny Nanceによるアーバンメロウな異色のインストTrack9/Linny's Funky Groove、同じくLinny Nanceによるネタ使いの原曲とは全く異なる味わいでクールに仕上げたTrack10/Can I Come Inside(Remix)がお気に入り。

最近は知名度がある名盤はどんどん再発されてるからこれも来るかなとちょっと期待してます。結構高騰してるしこういう作品こそ再発されて聴きたい人が手軽に聴けるようになると良いですね。92年のNNP名義の曲もボートラで追加してくれたら言うことなし。





Linny Nanceのインストトラックがアルバムから浮いてるくらいの謎のハイクオリティでこの人凄い人なのではと調べたらジャズのキーボード奏者として活躍してる本当に凄い人だった笑。同名異人かなと思ったら公式HPにFunky Groove Music(アルバムのトラックタイトルはLinny's Funky Groove)でダラスにスタジオがあるということでやっぱり本人ということで。ちなみにRodney Dのことは全く触れられてませんでした笑。この人のアルバムも買わなくては!。



コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始