FC2ブログ

他 / 神奈川県立近代美術館葉山館

05 /31 2021
fc2blog_20210531190937651.jpg
夏以降の予定が詰まっていてシルバーウィークの消滅が今から確定しているので早めに有休消化。色々行きたいところはあるけどこのご時世なので大移動は控えて美術館に行って後はホテルで読書しよう、ということで葉山美術館に行ってきました。前にも来たことがあるけどそもそも行こうと思ったきっかけが展示物ではなく吉村弘氏が作曲した開館時に流れるBGM、Hayama Sound Logoを聴くためで陽の光が差す館内でミニマルな音のロゴを聴くというのもある意味ライブ的な体験、2回目ながらもやはり気持ち良かったです。

fc2blog_2021053119201582b.jpg
今回の展覧会は立体物が多めで美術教養の無い自分も純粋に楽しめましたがなかでも1964年の東京オリンピックの時に作られた向井良吉"勝利者の椅子"、座面の上に突起が敷かれて椅子としての機能が無い当時の熱狂を批判するかのような造形が強行開催に突き進む2021年の今見るとまた皮肉に感じてしまいますね。他にも木のうねりがダイナミックな最上壽之"トントンビョウシノアシビョウシ"等々質量に圧倒される造形物が多くてもう一度行きたいなと思えるくらい面白かったです。
fc2blog_20210531190418a71.jpg
でそしたらなんと吉村弘のToy Pianoが6月28日から展示されるということでまた行くことに決定。

美術館のあとはホテルで読書したりコーヒー飲みながらバルコニーで海を眺めてぼーっとしてたり。
fc2blog_20210531190412713.jpg
fc2blog_20210531192013960.jpg
fc2blog_202105311921174dc.jpg
fc2blog_20210531190415c4d.jpg
・三体
・海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと
・友達いらない同盟、暇人同盟

海辺の病院で彼女と話した幾つかのことは再読、同盟シリーズは再々々々々々読位(最低年に1回は読み返してる)になるけどこういう時くらいは未読本じゃなくて好きな本を読んでもいいよねということで。海辺の病院~はサナトリウム文学にして異能バトルにして復讐譚でもある謎の生物の襲来と奇病の蔓延で全てを失う代わりに力を得た少年達の戦いを描いた作品。主人公が何箱の解熱剤を嚙み砕いても冷めることのない復讐という夢に向かってひたすら突き進む熱情や川辺で同級生の体を拭う所の官能的な描写とか、触れると崩れそうなひりついた雰囲気も合いまって読後の"喪失感"込みで楽しめました。波音をバックに読書するには我ながら最高のチョイスでしたね。三体は1巻だけ買ってたけど3部作完結してからと思いようやく読み始め。始皇帝の人間コンピューターの所まで読んだけどだんだん面白くなってきた感じ。同盟シリーズは好きすぎて冷静に言語化できない、というか三体を途中まで読んで後は海岸を散歩したりだらだらしてたりで結局読まず仕舞い。まあのんびりする為に行ったし今年の後半で読み返せばいいか(謎のノルマ)ということで帰宅。いいリフレッシュになりました。次行くときは閉館BGM聴きたいなぁ。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始