FC2ブログ

読了 5/10~5/16

読了
05 /16 2021
fc2blog_20210516214844d67.jpg
fc2blog_20210516214849200.jpg
夜明けのふたりごはん。夜勤専門警備員のすばると小説家のほたる、ふとしたきっかけで同居することになった女性二人の完全夜型ライフをめしテロ交えて描く4コマ作品。きららで連載していた「下を向いてあるこう」から日が経たないうちにまた湖西昌先生の作品が読めて嬉しい。晩御飯(夜明けごはん)に朝ラーメンに行ったり、昼食(深夜食)に冷蔵庫の中身を全部ピザ生地にぶちまけて和洋中オールカントリーなピザを焼いたりと昼型生活を送っている人間が夜読むととてつもない空腹に襲われる作品でした。お互いそれとなく支えあう柔らかい雰囲気も良き哉。
魔弾の王と凍漣の雪姫8。異国の王女との間に生まれた庶子ながら魔物の力で死してなお大軍を率いるまでに成りあがったバシュラル、正式な跡継ぎながら女性であることを隠し王子として過ごしてきたレギン、次代の王の座を懸けた2人の争いもいよいよ決着。兵力こそバシュラルの方が上でしたが、ティグル達遊撃隊に北上するレギン軍が合流した結果、主人公一派をはじめジスタートの戦姫が6人に黒騎士ロラン、ザイアン君の飛竜にアスバール国からギネヴィア王女まで援軍に来てとユニーク戦力差がとんでもないことになっていてバシュラルが不憫…。形だけとはいえ後ろ盾のガヌロンは助けるでもなく奪い取った王都で殺戮三昧とこいつは「双剣」の方の世界線では早々と滅ぼされていて本当に良かったですね。かつて仕えた王の復活という望みを外道な形で成就せんとの目論見、そしてラストの惨禍と戦いには勝ちましたがレギンとリュディにはキツイ展開が待っていそうです。今巻のザイアン君。内乱のさなかにパパんからの手紙を開けてみたら”自由にやれ”と放り出される。パパなりの期待なんでしょうがそりゃ侍女にも愚痴りたくなる笑。ガヌロンやザイアン君お気に入りのアルエット、何気に初イラスト化のキャラが多くて嬉しかったです。
響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ。魔弾シリーズ最新刊まで計31冊無事に追いつけたので次は2年積んでたこのシリーズ。アニメと違ってセリフが全部京都弁なのには驚いたけど違和感なく読めました。吹奏楽部の年功序列ではなく上手い演奏ができるかが全てという完全実力主義な面が色濃く、学年間の軋轢等アニメ版ではあえて削ったと思われるドロッとした部分が描かれていたり文章で伝わる演奏シーンの熱量や久美子と麗奈の抒情的な触れあい等原作小説も文句なしに面白かったです。
21世紀のアニメーションがわかる本。「この世界の片隅に」「聲の形」「君の名は」2016年を代表する3つのアニメ作品を軸に2010年代の作り手、視聴者の意識の変容を非常にわかりやすく解説。海外の個人作家作品の紹介も充実していて特にdavid o'reillyの作品解説が秀逸でした。ショッキングでシュールな映像がザッピングされるThe External World。自分の見たいものしかみない、自分の物語を生きているだけのキャラクターたちが芸術作品に触れた時に流す涙の意味。自分の世界になかった文化に触れて世界の広がりを知りそして己の視野の狭さを悟るラスト、この本を読んでようやくこの短編の凄さが理解できました。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始