FC2ブログ

漫画 まんがタイムきらら6月号 No.211

漫画
05 /15 2021
fc2blog_20210515211039fdc.jpg
〇星屑テレパス / 大熊らすこ
ロケット同好会という自分の居場所、守りたい場所に気付くことができた海果。ゆうが海果にその気持ちこそがみんなの道しるべになると思いを伝えるのが灯台の上というのがまた良くて、ゆうが灯台に住んでいたことがこんなに綺麗に繋がってくるとは思わなかったです。二人が気持ちを通わせる中でユウの記憶に浮かんだ故郷の星の歌、温かい歌声の中で海果が次の一歩を踏み出すためのきらめきが灯る再スタートの回でした。それでもって表紙がゆうと海果が寄り添い夜空を見上げて「広い宇宙の中で、ここが私の居場所。」、中と表紙で2回クリティカルをくらいました。
fc2blog_202105152110420b5.jpg

〇しあわせ鳥見んぐ / わらびもちきなこ
鳥見で遠征ドライブ。面白かったのは野鳥が人のシルエットを怖がるから車でゆっくり近づくと逃げないというドライブならではの楽しみ方。見るという行為に対して相手(鳥)からどう見られているか、お互いの距離感についても毎回丁寧に描いてくれて面白いです。

〇トールさんの通り道 / 猫月
最終回。魔王に謀反を起こしたサイドの企みは潰え平和な世界が訪れて…、とそれはそれで良かったんですが何よりも安心したのがトールがブリちゃんと再会できたことですね。自分の思い人が記憶を失い他の人間と添い遂げるという大きな喪失、再出発の中でブリちゃんと道具屋を営み逞しく生きてきて最後には貯め込んだ私財も投げ打ちとトールはやるべき時にやることができる強い主人公だったなと思いました。ブリちゃんと再会できた時と同じ笑顔でかつての思い人の結婚を祝福できるトールの心の強さが眩しい。単行本には描き下ろし漫画「トールとブリちゃんの出会い」が収録されるとのことでそちらもすごく楽しみ、連載ありがとうございました。
fc2blog_2021051521104417c.jpg

今号はゲスト作品が多めだったけどその中でも少女同士の絆を糧とする生命体をバケツで殴り倒す物理百合漫画「黒百合クロニクル」と「しゅーしゅーまにあ」が面白かったです。どんなものにもコレクターはいるだろうけどまさかシリカゲル(乾燥剤)を集めている朝霧さんの同志はいないよねと検索したら普通にいるという…、世の中は広い!。物も散らかっていればゴミの山/整理すればコレクションというのはその通りで集めたものをどう保管していくかというのも蒐集の醍醐味ですね。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始