FC2ブログ

音楽 G-funk Mr. Iroc / Finally On Tha Map

音楽
05 /14 2021
fc2blog_202105142313081b5.jpg
・1996年
・Produced by Mr. Iroc, Tha Music Docter

G funkの再発バブルで過去のレア盤、名盤が毎月のようにリリースされ追いきれないほどですが中でも嬉しいのが再発にあたってCDでのリリースが中心だったG funk作品の初LP化で、この作品も21年に初のLP化を果たしてのリイシューになります。

ビートメイクもこなすアリゾナ州フェニックスのラッパー、Mr. Irocによる極上のメロウ名盤。この作品はG-funkを聴き始めたころに最初に触れた作品の一つで特に思い入れの深い作品です。池袋のディスクユニオンで地図の上で物憂げにこちらを見つめるIrocと目が合った時には運命を感じましたね笑。同じく入門で手に取ったCoop MC(再発LP売り切れてた…)も然りですが、G-funk特有の沈み込んでいくような陶酔感のあるメロディは今までこの手のジャンルに触れていなかった自分には凄いカルチャーショックで夢中になって聴いていました。

デビューを飾るこの作品は自身が手掛けたビートを中心にRay MlitonのギタープレイやBig Mobbのトークボックス、多数の男女ボーカルを起用した艶やかで色気のあるメロウトラックが満載、ジャジーなトラックに載るエレピと甘いボーカルが心地よい洒落乙なTrack5/You Will Never Be Forgotten、メンフィスっぽい冷たく硬質なピアノループと不穏なメロディが印象的なTrack10/Gangsta Ball、軽快なギターのイントロから始まるキラキラのスムースメロウTrack12/Already Knowin、前曲のインタルードからの入りも素晴らしい仲間たちのマイクリレーでタイトに締めるTrack17/Tha Productがお気に入りです。主役の色気のあるねちっとした声質や統一感のあるミックスも手伝ってアルバムトータルで聴き込める今なお色褪せない名盤です。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始