FC2ブログ

音楽 G-funk Big Bear / Doin Thangs

音楽
05 /01 2021
IMG_2366.jpg
・1998年
・Produced by The Deep Fried Camp, Swift, Crazy C, Tone Capone, Craig B, O'Dell, KLC

朝はパン派でトーストにはハチミツをかけて食べてます、良いですよねハチミツ。甘いけど油分は無いし日持ちもして冷蔵庫要らず。オマハ、ネブラスカのラッパーBig Bearの1stアルバムはクマさんも大喜びのロゴにたっぷりハチミツのかかったスイートなメロウが光るオールコーストなG funkが並ぶ1枚です。

一度見たら忘れられない御大Pen & Pixelが手掛けたボーリンなクマが並ぶジャケは彼らの代表作の一つ。先日公開されたfnmnlのメールインタビューではこのジャケの制作秘話が披露されてましたが、熊の手はロサンゼルスのスタジオからレンタルして空輸で持ってきたり、机の上の食べ物は全て本物とCG素材の切り貼りに留まらない物凄い労力をかけて作られているということを知り驚きました。ジャケに溢れかえった一つ一つの小物が存在感を放つ素晴らしいジャケです。熊のボディモデルがBig Bearというのも良い話でアーティストのアイデンティティがユーモラスに表現されているからこそいつ見ても惹きつけられるカバーになったのかなと思います。

ジャケの話に終始してしまいがちな1枚ですが、内容の方も好メロウが多数入った好盤でDeep Fried Campを中心にSwift、Beats By The PoundのメンバーやベイのTone Caponeが手掛けたジャケに負けない1枚になっています。Pimp C好きにはドンピシャのDeep Fried Camp作の哀愁ギターが耳を撫でる南部メロウTrack4/Heaven or Hell、同路線のTrack9/Player Hatas、Suga T客演のベイメロウTrack14/No Hope、Swift作のバウンシーなビートが気持ち良いTrack15/Chop It Upがお気に入り。

fnmnlのメールインタビューは面白い裏話満載でしたが中でもMaster PのNo limit Recordsを出奔したTre 8の新作ジャケでアイスクリームバン(P社長の大ヒット曲Ice Cream Manにちなんで)を爆破したらP社長がブチギレて会社に乗り込んできたけどPen & Pixelのスタジオと仕事ぶりを見てそのまま優良顧客になったっていう話がなんのドラマだよ!って言いたくなるくらいカッコ良いです笑、Pen & Pixelの半生を映画化したらもうそれがそのままG funkの歴史ドキュメンタリーになりそうですね。


コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始