FC2ブログ

読了 3/21~4/11

読了
04 /11 2021
IMG_2298.jpg
IMG_2299.jpg
IMG_2304.jpg
IMG_2306.jpg
IMG_2307.jpg
IMG_2305.jpg
・幼なじみが絶対に負けないラブコメ1~7
魔弾の王と凍漣の雪姫5~6
・その一瞬が大切だから。
・落花流水1~5
・シャドーハウス1~4
・スーパーカブ7
・闇の自己啓発

3月の後半から4月の前半にかけては冗談抜きで帰ってシャワーだけ浴びて飯抜きで布団に直行、落下流水を数話読んで寝落ちを繰り返していて何もできず。少し時間に余裕ができた今週は幼なじみが絶対に負けないラブコメを一気読み。1巻だけ読んで新刊は積んでいたら今月からアニメ化ということで2年弱を経て1巻の内容も忘れてました…。友達の妹が俺だけにウザイ、天才王子の赤字国家再生術も1巻だけ読んで残りは積んでるうちに巻数が重なりアニメ化が決まってとなんかもうダムに貯水する量と放水する量が釣り合わなくてパンクしてる感があるのでどうにかしたいです…。
幼なじみが絶対に負けないラブコメ1~7。元天才子役の丸と3人の幼なじみ/正統派お隣さんのお姉さん系幼なじみ黒羽、子役の時の出会いがきっかけで小説家として活躍する白草、芸能時代の後輩真理愛とのドタバタラブコメ。youtubeで動画を挙げて注目度を集めてなショービズ的な展開や現状主人公たちが丸の悪友哲彦の企みの延長線上にあったりと合わない部分もあるものの、3人のヒロインのさや当て、特に腹黒を超えて透徹した戦略的思考で動くラスボス感溢れる黒羽の動きが面白くてテンションに押し切られて一気読みする分には面白かったです。逆に1巻ごとに読んでたら合わない部分が目立って途中でリタイアしてたかも。ヒロイン3人がバチバチやりあう中でピュアさが光る黒羽シスターズの方が可愛く見えてしまうのはむべなるかな。主人公魅せ場のマルちゃんダンスとか文字で読んで想像する分には全然大丈夫だけど映像化すると寒くなっちゃいそうなところが心配でアニメ見るかは未定。
落下流水1~5。きららMAXの新作、小町いろどる桜かなが良くて急に読みたくなり本棚から発掘。1巻が出たのが2006年、絵柄やネタのオールドスクールな部分があっても三者三葉と同じく日常こもごもを長く穏やかに積み重ねていくきらら作品には年月で劣化しない良さがあるなぁと思いながら寝る前に布団の中でページを繰る。レンタルDVD店のネタやガラゲー選びの懐かしネタの一方、00年代で既にタピオカドリンクが出てきてびっくり。話としては海水浴場でシャレにならないおふざけをする秋穂の頬を張り本気で怒る水夏先輩のエピソードが好き。大切だからこそちゃんと本気で怒ってくれる先輩の優しさと秋穂への思いが伝わる普段の日常回とは違うテイストながら心に残るエピソードでした。
スーパーカブ7。月光も印象的だったアニメ第1話がめちゃ良かった今新作が最も楽しみな作品の一つ。大学生編ということでキッチンカウンターをDIYしたり趣味の部屋を作ったりと自分の新しい生活を充実した形で着々と設計していく小熊が相変らずで何より。礼子以上にエキセントリックな節約研究会との絡みも楽しみ。
その一瞬が大切だから。鈴谷と瑞鳳の艦載機模擬戦。瑞鳳のマゾい水上機愛や鈴谷との些細なやり取りが沁みる掌編。
シャドーハウス1~4。アニメ前に予習。自分と同じ容姿の黒いご主人様との共同生活から次第にシャドーハウスのきな臭い内情が露わになり本当の戦いが始まる4巻目で面白さのギアがマックスに。ネタバレ踏まずに読めて良かった。凝った装丁も素晴らしい、もっと早く買うべきだったと後悔。
魔弾の王と凍漣の雪姫5~6。年始に読み始めてからシリーズ24冊目、次で追いつける!。前作ではアスヴァ―ルで一緒に旅をしたオルガとはザクスタンで合流。王と諸侯が微妙な力関係で揺らぐ雪国で小競り合いの戦いが中心ながら人狼との戦い含め普段とは違う新しい国での旅も楽しかった、そして千華燈眼の正体に驚愕。記憶と片腕を失ってと前作のティグル以上にヤバいことになってますがとりあえずソフィの庇護下にあるなら大丈夫なのかな。飛竜に振り回され無表情メイドにイライラしパパんにガチ説教されて涙目のザイアン君笑、前作1巻で死んだ子悪党がこんな面白キャラになるとは。
闇の自己啓発。読書会記録。普段自分が読まない本を手に取るよすがになれば。前提知識がないせいで理解が追い付かなかった反出生主義よりかは下世話な興味も含めてダークウェブや中国関連の本をamazonのカートに。

コメント

非公開コメント

コタン

19年12月15日開始