fc2ブログ

読了 10/11~10/17 2021

読了
10 /17 2021
fc2blog_20211017170454574.jpg
fc2blog_2021101717062395b.jpg
fc2blog_20211017170457cd4.jpg
・征服少女
・死なないセレンの昼と夜
・心の声が漏れやすいメイドさん1~2
征服少女。悪魔の大群により人類は滅び、地球は壊滅。人間を教え導いてきた天界の使徒達は追放され天国に幽閉されること幾星霜、遂に今上陛下の勅命により悪魔を滅ぼすべく最終兵器と人類の文化叡智を積載したノアの箱舟/超巨大戦艦<バシリカ>が美しい8人の使徒を乗せ一路地球を目指すレコンキスタが今始まるというあらすじだけでワクワクする600P越えの壮大かつ重厚なSFファンタジー、ではなく戦艦という密室で起きた殺人事件(殺されたのは人ではなく天使なので正確には殺天事件)とバシリカ計画の裏側に隠された秘密から明かされる恐るべき叛乱と恋が描かれる本格ミステリにして鮮烈な百合小説。
第3章に付された「読者への挑戦状」、分かり易いヒントで<誰が>は疑うべくもなく分かるんですが最大の謎<前項までにおける全ての虚偽は何か>についてはこちらの予想を上回る結末でしかも丁寧に追っていけば分かるよう読み返せばフェアネスに書かれていて唸ってしまいました。
天国の住人はその在り方として嘘がつけるように造られてはいないので証言=証拠になる(私は殺していないと言えばそれがそのまま証拠になる)、頭部を徹底的に破壊されるか携帯版最終兵器/塵の指輪を使用しない限り死なない等々この作品ならではの設定が活かされた謎の数々はとても面白かったです。
作中で天国の在り方として唱えられる<ひとつの意志、ひとつの動き、すなわち天国の正義>に対して叩きつけられる答えは爽快の一言でここに辿り着くために600p読んだ甲斐があったと思える1冊、自分の好きな要素が濃縮されためっちゃ好きな作品でした。
死なないセレンの昼と夜。抒情的な旅物語として面白いのはもちろん普段聴かないジャンルの音楽に触れる機会をくれた意味でも感謝したいなとMetallicaのEnter Sandmanを聴きながら思う1冊。水が枯れ、海は砂漠になり、文化は衰退した人類黄昏の世界。サイドカーに乗りコーヒー屋として旅をする永遠の時を生きる吸血鬼セレンとヒトとの刹那の交流を描いた旅物語。冒頭第1話の喧騒/賢奏、ガソリンを積み爆音でメタルを流しながらトレーラーを駆る気のいい青年セルゲイとのちょっとした音楽談義とソニーのカセットレコーダーの数奇な巡りあわせが印象深い音楽好きには刺さる所が色々ある特に好きな話でした(ヒャッハーなバイカーが襲撃してきたり、地主ではなく水利権をもつ水主が権力者とかマッドマックスな世界観も嬉しかったり)。砂漠に響くEnter Sandmanの爆音が耳に残る素敵な1話でした。作者造語の同音単語を並べた章タイトルも好き。
心の声が漏れやすいメイドさん1~2。作者のFGO同人誌が好きで気になっていたけどそのままになっていた作品。毒舌とかではなく思ったことがそのまま口に出るというのが面白いメイドさん同居コメディ。2巻では触れたものを瞬時に破壊するドジっ子を越えて何かの能力者かという先輩メイドさん達もやってきてますます賑やかに。1巻が出た時にすぐに買っておけば良かった、面白かったです。
fc2blog_202110171715199c6.jpg
me too.

読了 10/4~10/10 2021

読了
10 /10 2021
fc2blog_20211010205511af9.jpg
fc2blog_20211010205508054.jpg
・ドキドキ文芸部プラス
・現実でラブコメできないとだれが決めた?4
・死物語上・下
 ※再読/スローループ1~4
ドキドキ文芸部プラス。一時色んな所で話題になって気になっていたサイコホラーゲーム。アメリカのゲームクリエイターDan Salvato氏のデベロッパーTeam Salvatoが2017年にsteamでフリー公開したノベルゲームのswitch版。友情と文芸の物語、恐怖と衝撃の展開等々のネタバレに配慮したふわっとした情報と見た目は完全にジャパンメイドな美少女ノベルゲーム風のパケに惹かれて購入。多分ヒロインがヤンデレとかそういうレベルでしょと学祭のお化け屋敷に入る感覚で扉を開けたらグランヴァカンスの“数値海岸”だったという衝撃で本当に心臓のドキドキが止まらなかったです。ゲームの開始前に不安症やうつ病に苦しんでいる方はこのゲームをプレイするべきではないかもしれません、という警告がでるのは伊達ではなかった。日本のというか商業メーカーでは思いついても出来ないであろう趣向を凝らした演出の数々はノベルゲームとしては最高の出来と言っても過言ではなく間違いなくこのゲームでしかできない体験でした。ゲームのヒロインと1時間(本当に現実の時間で1時間経っていた!)見つめあうというのは多分もう後にも先にもないだろうなというこのゲームを象徴する教室でのイベント、あれは網膜にエメラルドグリーンが焼き付いた本当に特別な時間でした。Just Monika.
現実でラブコメできないとだれが決めた?4。物語のヒロインにして最強のラスボス、清里さんの中学時代が描かれるジョーカー誕生編。みんなが笑える世界を作るという理想とそれを実現できる力を持っていた彼女の圧倒的な正しさに彼女自身も周囲も耐え切れずに青春小説のように輝いていた学校生活が崩壊していくカタストロフィは圧巻でした。清里さんにとって耕平は失敗した過去の自分なわけで彼女が先手先手で布石を打てたのも当然だったんだな。あとがきでは強制負けイベントと書かれてましたが現状勝ち目無しの状況で耕平がどうするのか、そしてエピローグの新ヒロイン?がどう関わってくるのか次巻も楽しみです。

読了 9/27~10/3 2021

読了
10 /03 2021
今週土日は慶事で親戚一同が集い気疲れモード。諸々義務は果たしたし無事に終了してよかった。残りの日曜半日だけでもいつもの所でコーヒーを飲んでSP回復。
fc2blog_202110031726368e2.jpg
・女子高生の放課後アングラーライフ。表紙とあらすじで絶対買うと決めていた1冊。冒頭、主人公のめざしに降りかかるSNSを使ったイジメ描写が中々に嫌らしいというかあれは少しの期間耐えられただけども偉いと思う。どんな理由であれ退避できて良かった、あれは心が壊れる。ともあれ人付き合いを"地雷原を歩く"と形容するくらいに恐れるようになってしまったのも仕方がないめざしが転校先で同じクラスの椎羅に「これは運命やでっ!」と迫られ女子3人の釣りクラブ「アングラ女子会」に入り自分の居場所を見てけていくという話。軽妙な関西弁で溌剌と交わされるやり取りも良かったし、椎羅達アングラ会の面々と釣りの楽しさに引っ張られるように少しづつ素の自分を出せるようになっていくめざしの様子が微笑ましい。持ち前の明るさでかしましく場を盛り上げる椎羅、相手の心情を慮って寄り添える優しさを持つ凪、椎羅LOVEを宣言してめざしにライバル意識を燃やすもそれはそれでめざしを仲間と認める明里(椎羅のことは大好きだけど駄目な所はちゃんとダメ出しできるのも凄く良い)、素敵な仲間に恵まれためざしが1歩を踏み出す期待以上の青春小説でした。続きが楽しみ。
fc2blog_20211003173309fc1.jpg
・異修羅4~5。読む前から4巻の表紙で心がざわざわして読んだ後に改めて表紙を見て泣いてしまう第4試合/絶対なるロスクレイ 対 世界詞のキア戦は六合上覧の中でも屈指の名エピソードでした。この世界の基本法則である詞術を生まれながらに無条件で行使できる世界詞のキア。口から出た言葉がそのまま世界に現象として表れるとんでもない力で要するに晴れろといえば曇天の空も一瞬で雲一つない青空になるし相手に死ねと言えば無条件で相手が即死するというどうしようもないチート能力で彼女を擁立している娼婦の娘から必死の努力と陰謀で成り上がった黄都第17卿赤い紙箋のエレアにとってのまさに必殺の切り札。エレアにとってはキアという究極兵器をどう操縦するかに尽きる戦いであったはずなのに"先生"としての仮面が剝がれなくなってしまったエレアと"先生"を慕い続けたキアの哀しい結末に目頭が熱くなる。エレアが灰境ジヴラートを自身の手で殺した時点でもう彼女にとっての結末は出ていたんだろうな。対して人類代表ともいうべき絶対なるロスクレイ(脳内CV:水島 大宙)。化け物ぞろいの上覧試合の中でロスクレイはただ人間として普通に強いそれだけの突出した能力の無い英雄なんだけど、彼自身の努力と人類社会のバックアップを武器に体が砕けても負けることが許されない民衆にとっての正なる英雄として責務を全うする凄絶な覚悟に圧倒されました。正直1巻前半は話題になるほどか、という感じでしたが巻が進むごとにうなぎ上りに面白くなって個人的には今年度ベスト級の傑作シリーズになりました。

読了 9/20~9/26 2021

読了
09 /26 2021
fc2blog_20210926200220888.jpg
・映画 プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章
土曜の仕事帰りに極上音響上映で鑑賞。冒頭ケイバーライト爆弾の空気の揺れを感じる轟音で疲れも吹き飛びました。客船に仕掛けられた爆弾、という定番シュチュながら凄まじい波動を放つ爆弾に対してCボールで立ち向かうアンジュの劇場クオリティのアクションは見応えあって楽しめました。せっかく身を挺してまでアリバイを作った黒幕さん、最後に超堂々と姿を現しましたね笑。彼女を取り込むつもりか潰すつもりか分かりませんがプリンセスにとっては大きな脅威でどうなるか、と先が気になる所でエンディング。エンドロール後の鋭意制作中の文字が眩しい笑。あと4章だから無事にいけば2025年には完結できるのかな、気長に待ちます。
fc2blog_202109262002236cb.jpg
特典はベアトリス。飲むシーンも色々あったけどプリンセスがメアリーの為に丁寧にお茶を淹れる所も良かったし、あとちせが屋台で一瞬苦そうな顔して一息で飲み干すところが可愛かったですね。

fc2blog_20210926200537612.jpg
fc2blog_2021092620124264d.jpg
fc2blog_202109262012452f5.jpg
fc2blog_20210926201239687.jpg
・異修羅2~3
・公務員、中田忍の悪徳
・お嬢様のこと(再読)
・情動はこうしてつくられる 
・翻訳できない世界の言葉
・デート・ア・ライブ・マテリアル2
・王様のプロポーズ1

お嬢様のこと。艦これ×日の名残り、百合というよりかは主従の絆を感じるこの小説はフィニクスフヴォーストと並んで艦これ同人小説の中でも特に好きな作品で、読んだときはまだゲームはやってなかったんですが今回ゲームを始めたからには是非お迎えしたいなということで、Warspiteがドロップする増援輸送作戦!地中海の戦いは鉄火場な時期と被っていて時間が取れない中気合でなんとか駆け込みで丙クリア、そして無事にお出迎え出来て感無量。
fc2blog_20210926203704320.jpg
思ったより若々しいというと語弊があるけど予想以上に柔らかく可愛らしい声でびっくり。
「お嬢様のこと」は駆逐艦エアリエルに適性のあった元女中の艦娘養成校の候補生である「私」が、海軍卿の養女ウォースパイトの侍女として過ごした日々が綴られた連作短編集。侍女の目を通して語られるWaspiteとの短いながらも濃密な日々-友人である闊達な王子様ぶりがカッコ良いArk Royalの来訪やWaspiteの不器用な看病、そして誇りの為に毅然と立つWaspiteの気高さ、それらすべてが愛おしくなる2人の時を経た再開で2回目ながらも胸が熱くなりました。
スクリーンショット (131)a
潜水艦デコイ戦法が果たして有効だったのか分からないくらい結局道中大破しまくったけど修理員を積んで身を挺して第二艦隊を守ってくれたはっちゃんが今回のMVP。ドックに持っていく本でもシュトーレンでも何でも買ってあげたい。あと修理員を積んでの大破進撃、これ油断してると轟沈事故起こしそうで滅茶苦茶恐い…。修理員は有限だからずっとできるものでもないけど出来れば次回はやりたくないですね。ゲームとはいえ命を預かってるわけだし、指差し確認しても大げさじゃないくらい兎に角確認を怠らないようにしたいものです。

読了 9/12~9/19 2021

読了
09 /19 2021
fc2blog_20210919200251e75.jpg
・映画 劇場版 Free!-the Final Stroke- 前編
この終わりで続きは半年後とか鬼か!とエンドロールで水底に沈んだ待望の世界大会編。世界の舞台でもがく親友の姿に居ても立っても居られず体を動かしに出た日和や宗介の気持ちがよく分かるというか見終わって帰宅した後にペース無視でランニングしてしまい息もたえだえに。遥が述懐していた二十過ぎればただの人という言葉、世界の舞台で戦うことに遥がなんの気負いも無かったわけがなく絶対王者アルベルトの心を抉る泳ぎが遥にもたらした衝撃が遥と凛に最悪の断絶を引き起こす終盤は中々に辛かったですね…。エンドロール後でも包容力だだ洩れだったキングオブ幼馴染真琴がきっと何とかしてくれるはずと期待しつつ4月を待ちたいです。瞳に流れる水の煌めきとか岩鳶高校の夕立シーンとか目に映る場面場面の水の美しさも流石のクオリティでした。あと演出というかイメージシーンかと思ったら本当にアルベルトを水槽に入れて鑑賞してた車椅子のおじいちゃんはヤベーなと思いました。
fc2blog_202109192037352c7.jpg
特典は後輩組。そういえば大学にも変なマスコットキャラがいたなぁ。

fc2blog_202109192057321af.jpg
fc2blog_20210919205729ba8.jpg
・安達としまむら10
・異修羅1
・球詠1~10(再読)

百合云々は置いといて好きな人と一緒に生きる、100%それで完結している世界にしまむらしかいない安達の生き方はある意味幸せの極地。異修羅は評判に釣られて買ってみたら予想以上の面白さ。世界を脅かした魔王が消えた後の動乱の時代、新たな勇者を決めるべく最強の修羅達がぶつかりあう血沸き肉躍る1冊。無敵の生体戦車、言葉一つで天候地形まで操作可能なエルフ、3本の腕であるゆる武器を振るうワイバーン、予知能力の域に達した直感と絶技で全てを切り伏せる剣豪、超濃い目な味付けが堪らない修羅達の戦いは1巻から続々と脱落者がでる波乱の幕開けで一気に読了。中二のボンクラ魂溢れるめちゃくちゃ好きなタイプの作品でした。2巻~5巻まで注文。群像劇としても面白く1巻では鳥竜の英雄、ワイバーンの星馳せアルスと黄都の将軍、静寂なるハルゲント、2人の愛憎友情混じった関係が良かったです。仕事がハードモードの時タバコやアルコールが駄目な人間はどこに逃避すればいいのか→きららコミックス。

コタン

19年12月15日開始