fc2ブログ

読了 1/10~1/16

読了
01 /16 2022
fc2blog_20220116201242072.jpg
fc2blog_202201162012397a2.jpg
fc2blog_20220116201246e33.jpg
・艦娘は荒野を征く
・私の初恋相手がキスしてた
・ソードアートオンライン・プログレッシブ 5~6
・落第騎士の英雄譚6
・寮長ビスマルクはかく語りき!

艦娘は荒野を行く。艦これ×日の名残り「お嬢様のこと」、艦これ×ソ連百合「酷寒」、に続いてtextout待望の新作は艦これ×クライムノベル。海ではなく荒涼たるメキシコを舞台に逃がし屋ドライバーゴトランドと合成麻薬データを奪ったアトランタが麻薬カルテル+米帝様相手の決死の逃走劇。後書きでテスカトリポカにも触れてたけどカルテルの刺客ペドロのくだりなんかはまさにあの血染めの世界観で100ページの短編ながら艦これの要素が違和感なくハマった前2作同様素晴らしい小説でした。逃走チームの海外艦娘はみんな良い役どころで特にハッパで終始ご機嫌な調達屋のデ・ロイテルが殺伐とした逃避行の中での癒しでした。
私の初恋相手がキスしてた。母子家庭で暮らす高校生星高空。ある日同じ学年の女子、水池海が母親とセットで居候してきてはじまる女4人の共同生活。家を持たず母親と一緒に方々を渡り歩くという特異な生活に順応して好きなものがない希薄な生き方しか知らなかった水池海と彼女を金で買う謎めいた女陸中知生。空っぽの海を満たそうと彼女に与えられなかった物を惜しみなく与える知生と次第に知生に惹かれていく海、海のことを目で追いながら彼女への思いを募らせていく空3人の関係と生々しくも淡い空気感が堪らなく良かったです。
あと不干渉を通り越して空気のような存在感の母親を見てるとあだしまの方はずれてる所はあれ真っ当な母親たちでちゃんとした家庭環境だったんだなぁとも思いました。

読了 1/3~1/9 2022

読了
01 /09 2022
fc2blog_20220109201639caa.jpg
fc2blog_202201092020560a9.jpg
fc2blog_20220109201652a5f.jpg
fc2blog_20220109201649560.jpg
fc2blog_2022010920164258c.jpg
〇映画 スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム
〇あの娘にキスと白百合を1~10(再読)
〇ニューノーマル1~2
〇姉の親友、私の恋人1
〇落第騎士の英雄譚5
〇魔弾の王と凍漣の雪姫10
〇魔弾の王と天誓の鷲矢

3連休のうち、土曜と月曜が仕事になってしまったので今日は家でゆっくりしようと思ったけど漏れ聞こえてくる絶賛の声に我慢が出来ずスパイダーマンを観に行く。アベンジャーズのトムホランド版しかスパイダーマンに触れていない身でも凄く楽しめたけど、これ歴代シリーズ愛好者は更に感激してるんだろうなと思ったら身を震わせて声を漏らしている人もいて過去シリーズも観たくなりました。3部作の中でも文句なしの最高傑作でバタフライエフェクトを思い出した切ないラストも好き。
お正月の残り休みは好きなシリーズ物の漫画を何か読もうとあの娘にキスと白百合を一気読み。中高大一貫の女子学園「清蘭学園」を舞台に繰り広げられる少女たちの恋とキスのオムニバスストーリー。どのカップルの話も愛おしいけど園芸部部長のお嬢様雪奈と幼馴染の十和子の話が特に好きで好意の矢印はお互いを向いているはずなのに十和子の想いが目に入っていなかった雪奈と、"永遠"を求めて陰で動いていた雪奈の2人の感情がぶつかる3巻は清廉な話が多いこの作品の中でも特に印象的でした。十和子みたいなちょっと陰のある重い感じの子が好きなのもあって特にお気に入りのカップルです。ニューノーマルはオリオン書房でプッシュされてたので買ってみたら大当たりだっだ作品。感染症が収束せずに拡大し続けて防疫対策が日常になった世界での青春物語。口もとを隠し続けたことによって、自分の口や食べているところを見られるのがスカートの中を見られるくらいに恥ずかしいことになったという常識の変容が面白かったです。都心が封鎖されるレベルでパンデミックが拡大し続けたらというイフの世界とそんな新しい日常を「いま」として生きる主人公たちの普遍的な恋模様が眩しく素晴らしかったです。
魔弾の王と凍漣の雪姫はブリューヌ内乱編が決着。とりあえずザイアン君生還おめでとう。初代MF文庫版1巻で主人公に瞬殺された序盤の中ボス的な貴族のボンボンが不愛想メイドにイライラして飛竜に振り回されながらも何だかんだで一軍の将になり活躍するっていうのは嬉しいものがありますね。判官びいきではないけどティグルと戦姫がカッコよく活躍するのは大前提なのでこういう弱キャラが努力を重ねて頑張ってるのを見ると応援したくなりますね。あとは因縁のガヌロンだけどこれもMF文庫版と違って人間味のある(元々は人間だけど)ブリューヌ建国のファーロン王との歩みが描かれてガヌロンの望んでいた物や彼の変貌がより明瞭になって楽しめました。ミラとの約束、蒼氷星に矢が届いた第一部クライマックスで物語としても一番の盛り上がりだった決着編でした。次からがいよいよ最終章とのことで春の新刊が楽しみ。

読了 12/26~1/2 2021 2022

読了
01 /02 2022
fc2blog_20220102193139255.jpg
fc2blog_20220102193133fd3.jpg
〇映画 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 7回目
〇映画 リズと青い鳥 39回目
年末はチネチッタの映画フェス、サウンドレボリューションで2本観賞。まどかマギカは数年見ていなかったけど思った以上にキャラの等身があったんだなと新鮮な気持ちで観賞。緻密に設計された異空間や魔女結界の中の街並み、圧巻の戦闘シーン、どれを取っても記憶に残っていた以上に素晴らしい出来だったけど音楽も改めて聴くとこんなに良かったんだと感動して、Live Soundで体を包むように響いたバス周りの幻想的ながらも不穏な音楽とか館内に異空間が出てきた感じで凄かったです。リズと青い鳥は毎年恒例、1年で1番楽しみな上映。色んな劇場で観たけどみぞれのオーボエがもっとも美しく響くのはチネチッタのLive zoundですね。空気の揺らぎも捉えようと全身を聴覚にして鑑賞するので戦闘シーンや爆発があるようなアクション大作よりも観終わった後の消耗感が大きいけどそれがとても心地良い。自分の好きな作品が何年経っても映画館で観れて、大晦日の紅白にかかる時間に7割客席が埋まって拍手が起きるなんて幸せなことだなと同じく客席で拍手をしながらの2021年見納めでした。

fc2blog_20211231143657928.jpg
fc2blog_202201022026112d6.jpg
fc2blog_20220102202345e2f.jpg
fc2blog_202201022023502f4.jpg
fc2blog_20220102202355059.jpg
〇ベストSF2021
〇公務員、中田忍の悪徳2
〇お姉ちゃんといっしょに異世界を支配して幸せな家庭を築きましょ?
〇ブキミの谷のロボ子さん1~3
〇ロボットと人間
〇鍋に弾丸を受けながら
ベストSF2021。伴名練の「全てのアイドルが老いない世界」が収録されているのを知って慌てて購入。事前の評判通りこれが凄い作品で本能寺の敦盛から遥かな未来まで永遠の時を生きるアイドルの歌声が響く物語でSFとしても百合としても文句なしの傑作短編でした。
公務員、中田忍の悪徳2。もし部屋の中に突如異世界からきたエルフが現れたらどうするか。ラブコメを始めるわけでもなく(言葉が通じない)、異能バトルを始めるわけでもなく(埃を発光させるくらいの魔法しか使えない)、やるべきは部屋から絶対に出さずにその存在を秘匿すること。なぜなら異世界から来た生物の体にある常在菌が地球にどんな影響を与えるかわからないからだ、と最初はエルフの抹殺すら頭をよぎったクソ真面目公務員中田忍と謎のエルフの同居生活。悪徳を信念と言い換えてもいい中田忍の規範意識と保護という名の監禁状態に置いている歪な現実、友人家族の家庭を通して浮き上がってくる中での彼の気づきの一瞬が挿絵の力もあって胸を打ちました。中田忍だからとしか言いようがないギャグすれすれの真面目ムーブとエルフというよりかは外来生物とのコンタクト、コミュニケーションを密室で実験しているかのようなSF的な面白さもある今年のガガガ文庫の中でも特に光るシリーズでした。
鍋に弾丸を受けながら。危険な場所ほど、美味しいものがある。冒頭の舞台はメキシコ。料理は"マフィアの拷問焼き”。焚き火の中に服を着たまま飛び込ませて丸焼きにするメキシカンマフィアの伝統的な処刑方法で金持ちの服ほど燃えにくいからより長い時間苦しんで楽しい!とほがらかに語る現地人が怖すぎる。そんな拷問焼きにあやかって名付けられたのが「ロモアールトラボ」で牛肉をオーガニックコットンに包んで丸焼きにしてそれをはぎとるとほぼ赤身肉、ステーキのミディアムレアの部分だけになった牛ブロックの丸焼きが出来上がるという見ただけでお腹がすく極上のめしテロ漫画でした。しかも現地に足を運ばないと食べれない料理ばかりというのがタチが悪い笑。ちなみに驚いたのがこれが"ノンフィクション"で作者の脳が2次元の過剰摂取で全ての人間が美少女になっていること以外は実際に足を運んで体験してきたというのが凄い。ブラジルやアメリカにいる釣り仲間との交流を楽しみながら日本では見られないワイルドに過ぎる料理を眺める最高のグルメ/旅行リポートコミックでした。どの料理も凄かったけど1個17000キロカロリーのエルビス・サンドイッチはなんでも油で揚げようとするアメリカ人が生み出した最凶のカロリーモンスターですね。こんなもんを作ろうと考えるのも凄いしこれを毎日喰った末に往生した人がいるとかアメリカ人すげーなと色んな意味で圧倒されました。※発売日前商品、ダヴィンチストアの早売りコーナーで購入。

ブキミの谷のロボ子さん、ロボットと人間。人は話し方が9割だから上手く会話できない残りの1割は人じゃない、死ね!みたいなタイトルの本を電車の中でも本屋でもよく見たけど恐らくそんな本よりもよほど人と、社会と関わるうえでのエッセンスが綴ってあるんじゃないかと思いながら読んでいた新書と漫画。アイの歌声を聴かせてを観た後に衝動的に買った本だけど面白かったです。

読了 12/20~12/26 2021

読了
12 /26 2021
fc2blog_20211226205941f46.jpg
fc2blog_2021122616284074b.jpg
fc2blog_202112262059385cf.jpg
・時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2~3
・サクラの降る町 白ノ帳
・死神ドットコム1
・ステラの魔法10

きららの4コマ単行本はそれなりに買っているけど、シュリンク付いたまま積みあがる状態が続いてしまい新刊が出て既刊を読み直したいときに何巻がどこにあるのか分からずとりあえずまた積んでおくという悪循環が続いてるので年末年始の大掃除でどうにかしたいな。A4判コミックは本棚に量が入りきらないから整理しづらいんですよね。数か月前に買った魔王の娘からは逃れられない」を再読しようと思ったけどどこかの山に漂流してしまいもう見つからなくなってしまった…。
死神ドットコム1。買いに行った本屋さんのきららコーナーでごちうさとステラの魔法の間でどす黒いオーラを放つ汚部屋が鎮座している光景は中々のインパクトでした。ギャンブルで1000万の借金を背負ったOLのタマと魂をもらう代わりに借金の返済を手伝わされることになった死神メルメルとの汚部屋ふたりぐらし。単行本通して読むと人生がけっぷちだけど終始不遜に笑いながら酒を左手に、タバコを右手に図太く生きてくタマの強メンタルと逆に着実にストレスを蓄積していくメルメルの様子が哀れながらも面白い。メルメルは次の単行本が出るころにはストレスで胃に穴が開いてそう。カバー裏の初期設定、メルメルが魔法少女だったとしても汚部屋に放り込まれることは確定だったんですね笑。
FGO。この後すぐにレイドに戻る予定。猛獣特性で宝具レベル的に火力を出せるのが伊吹童子だけなのでコヤンとオベロンで宝具2発で周回してます。宝具MAXのアルトリアがいるから伊吹童子を使うことはそうそうないと思ってたけどこんな形で活躍する日が来るとは。
BOXガチャと違って目に見えてぐんぐん増える絆とQPの量が嬉しくて今年のイベントでは一番やってて楽しいレイドですね。

読了 12/13~12/19 2021

読了
12 /19 2021
fc2blog_20211219193853bd2.jpg
fc2blog_2021121919385521d.jpg
fc2blog_202112191938495ef.jpg
・時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん1
・落第騎士の英雄譚4
・裏世界ピクニック7
・ムシ・コミュニケーター
・ガールズ&パンツァー 樅の木と鉄の羽の魔女 上 (再読)

ムシ・コミュニケーター。表紙買い。虫との会話能力を持つ中学1年生、森白百佳の日常。人との関りが苦手な百佳と困りごとを抱えた虫とのちょっとした交流-飛べない蝶や水に浮かべないアメンボ、小さい声に耳を傾けてなんだかんだで助けてあげて一人と一匹の間に芽生える友情にほっこりする物語かと思ったら虫ゆえの突然の死がオチで来て帯の「伝わっても、つながらないもの」はこのことかと。親近感を覚えた相手が一瞬でお陀仏する無常観が湿度のある悲しみではなくまぁ仕方ないよね的な乾いた感じで描かれていてオチでタイトルコールを持ってくる終わり方が独特の味を出してました。
人との交流では同じ虫好きの生物部男子と良い感じになれるのかと思いきや、生物部の昆虫標本=彼女にとっては死体の山を目の当たりにして見ている世界の違いを突き付けられるのがまた不憫。それでも昆虫と会話する娘に対して不気味がらずにありのまま受け入れる母親がいて身近な所に理解者がちゃんといるのは良かったなぁと思いました。
fc2blog_20211219202007e99.jpg
裏世界ピクニック7。閏間沙月との対決。度々の接触では銃をぶっ放したりもしたけど空魚たちが退治ではなく祓う、葬送するという方法を取ったのはこの作品らしいなと思いました。自身の"声"を配信してカルト教祖になった潤巳るなによるこっくりさんのハッキング、実体のない怪談「牛の首」による上書きでの無害化、空魚が持てる知識を総動員しての葬送はDS研でのドンパチ以上に迫力があり面白かったです。あと挿絵の閏間沙月の異物感というかこの世に存在してはいけない感じが凄かったです。
時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん。自分しかロシア語が分かってないから大丈夫とロシア語でデレまくって精神的露出プレイを楽しむアーリャさんと実はロシア語を理解していて内心ただ事じゃない主人公との青春ラブコメ。売れているだけあって美味しいシュチュエーションの連続で楽しめました。ヒロインも良かったけど有能清楚な生徒会役員を演じる表の顔とオタクムーブでテンプレ妹を演じて楽しむ裏の顔が特濃に魅力的な妹がかなり良いキャラでした。

艦これ。イベントで反省してからは毎日の提督業を再開。一週間かけてXmasミッションを終わらせたけど最終作戦の任務艦で実用域まで育成してるのがコマちゃんとSheffieldと衣笠の3人だけで道中せっかくのクリスマス衣装が台無しになる大破祭りに。ボスマスに辿り着きさえすれば4-5も5-3も何とかなるんだけど行きつくまでがいばらの道でした。5-3は半端に制空取ろうとしたり戦艦混ぜようとしたり中途半端に色々したのが良くなくて夜戦駆逐と艦隊支援で普通に行くのが結局は一番効率が良かったなと反省。とりあえず3人目の熟練見張員が手に入って良かったです。
202112192.png
202112191.png

コタン

19年12月15日開始