fc2ブログ

音楽 G-funk L.O.G. / G's & Soldiers

音楽
10 /16 2021
fc2blog_20211016222025999.jpg
・1996年
・Produced by Lokee, L.O.G., Mannie Fresh, Ice Mike

長らく廃盤だったCamouflaged Downの再発も嬉しいニューオリンズのラッパー、L.O.G.のソロデビューEP。Tombstone Recordsからのリリースとあって灼熱バウンスの2ndとは異なりダークでどろっとしたトラックが並ぶ5曲ながらも腹持ちの良い1枚。当時5曲で15$はちょっと高いんじゃないと思っちゃいますがこの出来なら文句無し。どの曲も外れなしですが特に冒頭のLokee共演、Grave Yard Fillersのブードゥーなサザンファンクは中毒性大で気に入っています。Mannie Freashもアルバムのトーンに合わせて作った枯淡なトラックで骨太なフロウを披露するS.A.C. Mafia For Lifeもカッコ良し。
fc2blog_20211016222021833.jpg
この作品にも参加しているプロデューサー、エンジニア、ラッパーとしてマルチに活躍している才人Ice Mikeの長らく入手難だったクラシック2枚も祝再発。特に1stはカセットオンリーだったので嬉しいですね。デビュー30周年を祝した本人のシャウトコメントも胸熱。ファンキーなサンプルチョップが野趣溢れるこちらも素晴らしい作品でした。Pimp DoggやRaw II Surviveのカセット作品もいつか再発されるといいなぁ。


音楽 Evergreen Avenue / Eternal Blue

音楽
10 /09 2021
fc2blog_202110092217161a2.jpg
・2017年
bandcamp
日中に聴く作品は意識的に毎日違うアルバムを聴くようにしているけど、夜寝る前に流す音楽はわりかし固定気味で気に入ったアンビエント・ドローン作品を数週間、長いときは1か月以上聴き続けることもあります。やはり寝る前は脳が新しい刺激を拒否するのかついつい同じ作品を聴き続けてしまうんですよね。作家名とタイトルだけで聴く前から加点したくなるこの作品は最近のお気に入りで10月の枕のお供になっています。
アラバマ州ハンツビルで精力的に作品を発表しているアンビエント作家Alec Crittenが別名義Evergreen Avenueで発表したドローンアルバムで元は2017年にロンドンのアンビエントレーベルACRからリリースした作品。2019年の再発カセットを本人が蔵出ししていた物を購入。元々この人の曲は数十分の長尺がメインでこの作品もA面、B面にそれぞれ20分弱のドローンが各1曲収録されていて仄かに波打つドローンに耳を傾けて眠りに備えることが出来ます。意識が羽毛のように舞い上がって空に溶けていく安眠薬。
2016年の1stアルバム、In Lightもお気に入りで冒頭のTrack1/surfはギターの残響と浮遊感溢れるサウンドで瞼の裏に光差すアトモスフェリックなドローン。これも1日の終わりに聴くと意識を洗濯機と乾燥機にかけた後のように脳に溜まった澱を綺麗にしてくれる極上の1曲です。

音楽 G-funk King George / 1st Tru No Limit Soldier

音楽
10 /01 2021
fc2blog_202110012130103ec.jpg
・2021年

No Limit Recordsを代表するファミリーグループTruのOGメンバー、レジェンドKing Georgeがまさかの新譜発表!謎のレーベルからの蔵出し音源ということで一抹の不安があったもののいざ聴いてみたら御大K-LouやNo Limit離脱後の盟友Cali Gらとの楽曲はどれもハイクオリティで楽しめました。2016年に予告していた新作からのシングルカットの再録Track7/I'm Tru(Still Tru)を始め10年代の新録中心らしく年月を経て特徴的だったエグいダミ声から丸みを帯びて円熟したフロウを披露するKing Georgeのラップも流石の貫禄でした。
クレジット目当てでフィジカル盤を買ったもののプロデューサーやスタジオの情報が無いのが残念でしたがプロダクションは有名所だとK-LouやFreddy Boが参加しているようでトラックのクオリティはどれも文句無し。Cali Gとの骨太なグルーヴィーバウンスTrack1/New Orleans、もしKing GeorgeがNo Limitに残ったままアルバムを出してたらK-Louとこんな曲を作ったんだろうかと夢が膨らむ黄金期ベイサウンドTrack2/Ghetto Life、3X KrazyのAgermanとエネルギッシュに暴れるTrack3/Paper R Plasstic、エコーの効いたギターループのトラックがカッコ良いTrack4/Sleep Wit、Enhancerが作りそうなストリングスの効いたアップバンガ―Track6/Street Lifeは特にお気に入り。裏ジャケのコメントや最後にTru時代の3 Strikesをぶち込む辺りNo Limitの土台を作ったのは俺の活躍があったからこそという自負が見えるOGの貫禄楽しめる1枚でした。完全新作も待ってます。


音楽 G-funk B.O.M. (Ballers Ona Mission) / The Reala Ride

音楽
09 /23 2021
fc2blog_2021092320460194e.jpg
・1995年
・Produced by T-Roy

カリフォルニア州フェアフィールドの4人組ラップグループ、B.O.M.の95年作1stアルバム。B.O.M.は名匠Bobby Fordが大活躍した黄金期ベイメロウが堪能できる2ndも素晴らしいですが、1stのテンションを上げ切らない気だるげながらもクールなベイGファンクも気に入っています。
この作品は同じくフェアフィールドのプロデューサー、T-Royが全曲を手掛けていて録音は彼のFlatland Studio,マスターはBobby Fordが手掛けた布陣。冒頭のファンキーなキーボードからアウトロのぶよぶよベースまでクラシックな90年代ベイファンクが楽しめる名盤です。
Simply Dreの援護も嬉しいクールな哀愁メロウTrack2/The Reala Ride、Regulateっぽいメロディが耳を惹くTrack3/Miss Me、ワビサビなしっとりメロウTrack8/Glory Of A Gangstaがお気に入り。
イナたくも味のあるジャケットデザインはPhunky-Phat。Phunky-Phatのデザインは野趣溢れまくる色使いが魅力ですがこの時期の作品の裏ジャケでよく使ってるガソリンをぶちまけたような色合いが凄く好きなんですよね。
fc2blog_20210923204701afe.jpg
No More Heros 3の公式がTwitterでOPで使われてる背景の壁紙を配ってくれたけど、改めて自分が須田ゲーが好きなのはGHMの作品にどことなくGと通じるセンスを感じるっているのもあるんだろうな。
fc2blog_20210923204446e06.jpg
木曜祝日出勤の荒んだ心を癒す1品でした。9月は仕方ないと覚悟していたけど今週は土曜も出勤なのでハッピーな2ndは解放された日曜日に楽しもう…。

音楽 G-funk One Hit Records presents / The Fam

音楽
09 /11 2021
fc2blog_202109111708489ca.jpg
・2002年
・Produced by D. Sounds, Slick, Larry B

大名盤Coalition/This Is How You Made Meや激レアコンピSouthern Diaryでお馴染み、ケンタッキー州ルイビルのOne Hit Recordsによるファミリーアルバム。CoalitionのFeelを始めC-BeezyやDeli-Del、R&BグループのUncut等々10人を超えるレーベルのラッパー、シンガーが集結。メロウなG-funkから爽やかな歌物、バウンスまで幅広い楽曲が楽しめるコンピレーションで聴き応えあり。J-Melow,China,Mystroの3人組によるUncutのスイートなR&Bが特に良くて他の楽曲でも参加しているJ-Melowのボーカルは良い味出してました。
Uncutは中ジャケでForeverというアルバムがカミングスーンになっていたけど見つからず。同じく予告のあったC-BeezyやWild Dog、Deli-DelもマイナーG臭香るイナたいジャケ写で予告されていたけど確認できず多分リリースされなかったみたいですね…。
勇壮なピアノとシンセで幕を開ける泣きのHookも素晴らしいTrack2/Dwell In The Cold、ギターループのトラックに歌声が映えるUncutによるメロウナンバーTrack3/4 U、C-BeezyとFeelによる速射フロウとメロウなトラックでボンサグのような聴き心地のTrack6/Smoke So Much、ファットなボトムで聴かせるシンプルながらも中毒性のあるトラックに力強いJ-Mellowのボーカルが素晴らしいTrack15/Man I Beがお気に入り。
華やかなメロウからハードなトラックまで最多14曲を手掛けたD. Soundsによるプロダクションは文句無し、歌もラップもハイレベルなインディーレーベルの底力が詰まった良質コンピでした。

コタン

19年12月15日開始