FC2ブログ

漫画 まんがタイムきらら7月号 No.212

漫画
06 /17 2021
fc2blog_20210616235657ee7.jpg
〇しあわせ鳥見んぐ / わらびもちきなこ
fc2blog_202106162348309f0.jpg
宮城県伊豆沼に到着、鳥見遠征いよいよ開始。早速湖面を泳ぐハクチョウにご対面でセンターカラーで描かれる白銀の雄姿が目に鮮やか。伊豆沼の学習施設/サンクチュアリセンターでは知ることこそが鳥と人の共生の第一歩という係員さんの言葉が出てきましたが、すずが翼と出会ったことで踏み出した一歩の先が広がるクライマックスの見開きは思わず言葉を失う雄大な景色で素晴らしかったですね。
fc2blog_20210616235113135.jpg
この作品に触発されてというのもありますが、フランス出身で現在は台湾在住のアーティストYannick Dauby/澎葉生による台湾の福山・太平山のフィールドレコーディング音源を購入。葉音や雨音、森に響く動物たちの声が鮮やかなCDブックで何よりいいのが巻末に時間ごとに何の動物の鳴き声なのか解説が載っているという本とセットで森を散策している気分になれる作品でした。Track2/太平山の14分辺りのパラパラとした雨音の中響くヤブドリ/Steere's Liocichlaの鳴き声とか,茫洋とメジロチメドリ/alcippe morrisoniaの鳴き声に浸っていたら遠雷の音が聴こえたりと聴きながら様々な景色が浮かんでくる音像でした。

〇スロウスタート / 篤見唯子
fc2blog_20210616234828814.jpg
文化祭二日目。これが園芸部の予算を1着に全振りした威力…(なんてクールな予算の使い方だ笑)。大家さんと同じく冒頭からコマ枠をはみ出してる基礎パラメータの高さに高級装備の菜々恵さんが目に優しい。その後は園芸部のやきいも宣伝に同道、衆人の中で堂々と眠り薬入りの茶を振る舞う方も分かっていて躊躇なく飲み干す方も中々に凄い幸と栄依子の一幕はお互い謎の信頼関係を築いている感じで面白かったですね。

〇一畳間まんきつ暮らし! / ひさまくまこ
fc2blog_20210616234941ef5.jpg
音緒と梨絵の馴れ初めは中学のクリスマスから、という過去話。財閥の娘という生まれのせいで腫物扱いだったからこそ音緒の寂しさを理解して持ち前のテンションで寄り添っていけたんだなという梨絵の優しさが印象的でした。今とは違ってとげとげしさMAXの音緒ちゃんでしたが中学で余命宣告級の重病の中、「不可能なんてない、未来は俺たちの手に」なんて少年漫画を目にしたらそりゃショックを受けるのも当然ですね…。音緒の気持ちが吐露される次回も楽しみです。

〇むすんで、つないで / 荒井チェリー
fc2blog_202106162349393e8.jpg
お互い内心のセリフを全部口に出せば解決じゃん!、ともどかしくなる地雷原を探るような距離を詰めようとして詰め切れないつなぐと鳥居さんの帰路。ここで鳥居さんが一歩を踏み出してページをめくったら絶対感動的なシーンが来ると思ったら…お前かよ!!という笑う前に突っ込んでしまった笑撃のオチで全てを持って行ったヤツは間違いなくこの号のMVP。

〇ほぐして、癒衣さん。 / ミナミト
fc2blog_2021061623494408d.jpg
うみいろマーチのミナミト先生待望の新作!今回は求人誌制作がんばるぞい、という冒頭でさっそく目が死んでる新入社員の夏凛と先輩の川口さんによるオフィスコメディ。夜ふたりっきりのオフィスで過酷なデスクワークの疲れを「ほぐしあう」2人のやりとりが残業中に飲むコーヒーのように沁みるスロウタイドな作品でした。マッサージのお返しに力強くハグ!を要求する川口先輩がかわゆす。
fc2blog_20210616235009383.jpg
ハグはする方、される方、見ている方三者みんなが幸せになれるトリプルウィンなパワームーブですね(錯乱)

ほぐして、癒衣さん以外にも今号はゲスト作品が大豊作。元ヤン、いざ普通の女子高生デビューの見た目と内面のギャップが面白い「蜂も刺さずばうたれまい / るりえ。
水着、冒険、気になる謎とエンタメ度がぐっと上がって俄然楽しくなってきた「ひがえり異世界と魔女の本。 / ゆうきそにすけ。
人魚の探し人の生徒会副会長との楽しげな帰り道も心地よかった「きらめきラグーン / 花宮みぃは連載決定ということでおめでとうございます。
fc2blog_20210616235012605.jpg
普通の女子高生は握りこぶしで朝から気合を入れたりしない笑

読了 6/7~6/13

読了
06 /13 2021
fc2blog_20210613213153f83.jpg
・三体Ⅱ 黒暗森林 下~三体Ⅲ 死神永生 上下
あまりにも面白くて止め時が見つからず艦これのE5もFGOの6章も放置して残りの1200ページを一気読み。2部下巻の異星文明に蹂躙されるカタルシス、地球という精神の錨を失った人類が〈負文明〉に堕ちる様は読んでいて脳汁が止まらず興奮しっぱなしでした。そして大きなカタルシスとは裏腹に2部の主人公であり最後に残った面壁人羅輯と三体人の対話による静かな、しかし万感の思いがこみ上げてくる決着。3部作の中でも特に面白いと言われている前評判通り圧倒的エンタメでした。ここまで来て3部では何が描かれているのか想像もつかないままページを繰りましたが、2部のスケールを遥かに超えて太陽系に訪れる驚愕の結末、更には一つの宇宙の始まりから終わりまでの壮大な旅路が広がるこちらの想像力が最後まで追いつかない超大作になっていて本当に凄いものを読んだなぁと読後の今虚脱感に浸っています。訳者あとがきでも触れられてましたがまさか最後にしてセカイ系の残り香が味わえるとは思わず。SFとしてはもちろん様々なメタファーに満ちた雲天明のおとぎ話等、語られる物語の何もかもが面白い作者の天才的な力量に打ちのめされる幸せな読書時間でした。
宇宙文明の全体像を猜疑連鎖による暗黒森林論(異文明の発見=見即滅)で表現する三体の物語が中国はもちろんアメリカ、日本、全世界でベストセラーになったということは少なからずの人が空を見上げた時に思う宇宙への見方が変わったんだなと思うと(もちろん暗黒森林論はフィクションですが)複雑な気持ちになりますね。

fc2blog_20210613213158c07.jpg
fc2blog_2021061321321257d.jpg
・映画大好きポンポさん
・機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
特典漫画コンプ、前週より人が増えて今週自分が見た回はほぼ満席。2週目だけどポンポさんの「君の映画、大好きだぞ」、でやはり涙腺崩壊。特典の漫画でポンポさんの足音について触れられてたけど映画でもちゃんと再現されていたりと1週目で見きれなかった所がたくさん出てきて楽しめました。BDは絶対買うとして3回目も時間があれば行きたいなぁ。その後はガンダム好きの前職先輩のお誘いで閃光のハサウェイ鑑賞。ユニコーンもナラティブも観てないけど逆シャア観てれば大丈夫と言われた通り、浅いガンダム知識でも普通に楽しめました。ペーネロペーのカメラを通してクスィーガンダムがカプセルから出てくるときの緊迫感、ファンネルミサイルが乱舞するガンダム同士の戦いはハイクオリティなCGによる超リッチな画作りで圧巻。メッサ―がダパオを襲撃する市街戦のシークエンスも凄くて、ちょっとした戦闘の余波で水栓が溶け破片が降り注ぎなぎ倒される人々とモビルスーツの対比が圧倒的でパイロット目線ではない外から見た時の人型兵器の巨大さと重量感を存分に堪能できました。そしてヒロインのギギ、蠱惑的な上田麗奈ボイスの威力も相まって傾国美女というかもの凄い存在感があって観終わった後の先輩への感想第一声が「ギギめちゃくちゃ可愛かった!」笑。
fc2blog_202106132132047b5.jpg
入場特典は歴代ガンダム作品のフィルム。開けたら険しい顔した女の人が出てきて誰か聴いたところ「ああこの子はカイ・シデンの恋人、スパイなんだよ」と一瞥後に即答されてガンダムパイセンの凄さに内心で敬礼。

音楽 G-funk Rodney D / A Moment of Silence

音楽
06 /07 2021
fc2blog_20210607213745c50.jpg
・1995年
・Produced by Rodeny D, Linny Nance, Big Ant, Ked Johnson

テキサスのラッパー、Rodney Dの92年のデビューEPを経ての1stアルバム。自身を中心としたPhata $aks Productionによる冷暗なメロウトラックが憂鬱な6月の湿気を散らしてくれるお気に入りの1枚。内ジャケにはアルバムと同タイトルの”A Mometnt of Silence”という収録曲名をちりばめた詩というかコメントが載っていて彼なりの死生観やゲトーで繰り返される悲劇のループへの嘆きが綴られていてこういうお皿こそ全訳付きの国内盤で聴きたいなぁと思ったり。

楽曲ではやはり大ネタBetween The Sheets使いのTrack6/Can I Come Insideが珠玉のキラートラック、ナイスなイントロと1フレーズ印象的なメロディを足した技ありのループが気持ち良い同ネタ使いの中でも白眉の名曲です、他にもMike Gallaherによる切ないギターも沁みるクールな哀愁ファンクTrack5/No Love In The Ghetto、全曲のアレンジを担ったサウンド面のキーマンであるLinny Nanceによるアーバンメロウな異色のインストTrack9/Linny's Funky Groove、同じくLinny Nanceによるネタ使いの原曲とは全く異なる味わいでクールに仕上げたTrack10/Can I Come Inside(Remix)がお気に入り。

最近は知名度がある名盤はどんどん再発されてるからこれも来るかなとちょっと期待してます。結構高騰してるしこういう作品こそ再発されて聴きたい人が手軽に聴けるようになると良いですね。92年のNNP名義の曲もボートラで追加してくれたら言うことなし。





Linny Nanceのインストトラックがアルバムから浮いてるくらいの謎のハイクオリティでこの人凄い人なのではと調べたらジャズのキーボード奏者として活躍してる本当に凄い人だった笑。同名異人かなと思ったら公式HPにFunky Groove Music(アルバムのトラックタイトルはLinny's Funky Groove)でダラスにスタジオがあるということでやっぱり本人ということで。ちなみにRodney Dのことは全く触れられてませんでした笑。この人のアルバムも買わなくては!。



読了 6/1~6/6

読了
06 /06 2021
fc2blog_20210606195449d13.jpg
fc2blog_20210606195500987.jpg
〇魔王の娘からは逃れられない2
〇三体Ⅱ 黒暗森林 上
〇ふたりぼっちのオタサー姫2
〇ひげを剃る。そして女子高生を拾う5

三体Ⅱ 黒暗森林 上。下巻は半分くらいまで読了。三体人の艦隊が太陽系に到達する400年のリミットを前に人類の反抗計画が立ち上がりどんどん面白くなってきてしまい一気読み。これ完結する前に手を出さなくて本当に良かったです。先の展開が気になって来週続きが読めるようにⅢ巻も注文。
400年という世代を超えた長期戦、思想整備からはじまる宇宙軍の創設計画や4人の面壁者を選出して彼らに地球資源のある程度のリソースを与えて自由に行使させる面壁計画等、長期のスパンでどう異星文明に対抗していくか様々な理論から検証していくのがとても面白かったです。
ひげを剃る。そして女子高生を拾う5。アニメは面白くなくて早々に見るのを止めたけど本編の方は綺麗に完結。家族や恋人といった境界を踏み越えることはせずにただ半年寄り添い続けるという主人公の独善が最後までブレなかったのは本当に良かったと思います。

他 映画大好きポンポさん・Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット

06 /06 2021
せっかくの休日なので映画2本はしご。
fc2blog_20210606002933836.jpg
映画大好きポンポさん。原作既読、原作の良さを十二分に引き出した個人的には早くも2021年ベスト級になった快作!映画の製作はクランクアップしたらおしまい、ではなくこの作品ではむしろそこからが本番。何十時間もの膨大な撮影フィルムをカットしてつなぎ合わせる編集作業こそがまさに映画製作の胆、どんなにいいシーンでも思い入れがある場面でも全部を1本の作品に詰め込むことは不可能なわけで後戻りができない人生の選択を繰り返すように取捨選択を繰り返して自身を映画の世界に沈めて作品を切り出していく後半部分はモノづくりの情熱と業が迸る熱い展開で目が離せなかったです。この画を撮る為に映画を作っているんだ!という監督の電流が走るような衝撃が説得力を持って迫ってくる1カット1カットの美しさ、ユニークな場面の繋ぎ、アニメーション映画としても非常に高クオリティで登場人物みんながプロ意識を持って前向きにモノづくりに取り組んでいるのも気持良い。題材的にも映画館で見てこそな作品なので特典目当てにもう1回は行きたいです。
fc2blog_20210606002935630.jpg
Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット。前編はゲームをやってる前提で60点、まぁ原作に忠実な映像化でこんなもんだよねという感じで後編は半ば義務感から観に行きましたが参りました、ゲームのシナリオを昇華した素晴らしい脚本とHFとはまた別路線の超級バトルシーンのオンパレードで100点満点の凄い映画に化けてました。カルデアが解決すべき特異点の一つ話ではなく、ベディヴィエールの贖罪の旅路と騎士たちの忠誠にフォーカスして円卓の物語として一つの作品に仕上げていて重苦しくも片時も目が離せない騎士たちの戦いにゲーム本編以上に没入して見入っていました。この映画を観た誰もが抱くであろうゲームでは描写が無かったアグラヴェイン対ランスロット戦の凄まじさは映像化されたサーヴァント戦の中でもトップクラス、もはや人間の姿をとどめないアグラヴェインの異形ながらも幻想的で美しささえ感じるバトルシーンは必見。王に仕えるのではなく王に理想の国を捧げるという他の騎士とはまた違うアグラヴェインの騎士道と覚悟の末もしっかりと描かれておりベディヴィエールと並んで良い役どころでしたね。他にもピラミッドの大質量攻撃の時のオジマンの大口上と絢爛な演出に痺れたり、呪腕・静謐対トリスタン戦でゲームでは憎み殺しあうだけだった呪腕とトリスタンの戦いの果てに見せる磨き上げてきた相手の”ワザ”への敬意とか、オリジナル展開のモードレット対三蔵戦での憤怒を包み込む三蔵の宝具の美しさとかとにかく見所満載で第六特異点をプレイした人は後編だけでも絶対に劇場で見に行く価値があると言える素晴らしい作品でした。

コタン

19年12月15日開始